芸能

石原さとみ「引退覚悟」の「独立計画」をスッパ抜く(2)来年春の主演ドラマで恩返し

 石原が事務所に結婚の意向を伝えたのは、今年の春先だとされている。

 実はそれと並行して5月8日、彼女の個人事務所が設立されていた。売れっ子が所属事務所とは別に、節税目的で個人事務所を立ち上げても不思議ではない。ところが、芸能プロ関係者はこう首をかしげる。

「個人事務所の代表取締役は父親で、母親も役員として名を連ねています。そして本店所在地が実家の住所になっているんです。節税目的の個人事務所設立の際、所属事務所との関係が良好であれば、あくまで住所はそちらにし、必ずしも個人的な情報を開示する必要などないでしょう」

 確かに、商業登記の目的欄に〈タレントのマネジメント業〉とあり、体制を整えている様子が見て取れるのだ。

 とはいえ、石原を独立へと走らせる要因は結婚以外にもあるのだろうか──。

「18年に放送された『高嶺の花』(日本テレビ系)から、19年の『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系)、そして今夏の『アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)と、3作連続で主演ドラマが平均視聴率1桁台に終わり、女優としての限界を感じているといいます。言ってしまえば、女優にはもう未練がないと。過去には、円満に独立ができず仕事がうまく回らなくなったタレントも数多くいましたが、石原もそうなったらそうなったで引退やむなしというほどの決意だと。女優業に縛られるよりも、学会での活動に真摯に身を捧げたいようです」(芸能プロ関係者)

 まるで、幸福の科学に傾倒して所属事務所を飛び出した千眼美子こと清水富美加(25)の独立騒動を思わせる。実際、根回しのないまま水面下で独立話が進行しているようで、事務所は困惑しているという。

「本人は、婚約者は学会員ではないと周囲に説明しているようですが、結婚から独立計画が聞こえてくるようになるまであまりにとんとん拍子であるため、事務所内でも『そりゃあ、ないだろう』という恨み節が聞こえてくるほど。石原の意志が固いのも、信頼する学会のバックアップがあるからだと疑心暗鬼です」(ホリプロ関係者)

 当然ながら、事務所は石原を引き留めることに躍起になるだろう。しかし、すでに紆余曲折あったとの証言も──。

「来年の4月期、日テレ系のドラマで石原が主演を務めるのですが、一度は本人が断る姿勢を見せたそうです。なんとかまとまったようですが、だからこそ、それが最後の恩返しとも‥‥」(芸能プロ関係者)

 一方、コトは石原だけの話では収まらないようで、

「石原の希望だけがことごとく通ってしまえば、深田や綾瀬だって自己主張したいことが出てくるでしょう。そのケアも慎重にしなければいけないことになる」(ホリプロ関係者)

 めでたいニュースがスタート地点だけに、「万人の幸福」が着地点となることを祈るばかりである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」