芸能

秋ドラマ美女の「“艶”現場」(3)上野樹里が「ユーチューバー・デビュー宣言」

 一方、和むどころか一触即発の緊張感が走っているのは、木村佳乃(44)が主演する「恋する母たち」(TBS系)である。TBS関係者が苦慮している様子を打ち明ける。

「木村と吉田羊(46)が共演していることで、両女優の取り扱い方を巡り、神経質になっている。主演としてクレジットされているのは木村ですが、プライドの高い吉田の機嫌を損ねないよう、きわめて慎重な対応がスタッフ一同に求められています」

 その結果、誕生したのが「吉田専属スタッフ」で、

「連絡ひとつでも吉田が後回しにならないようにと、専属の伝達スタッフを用意しました。どう見ても主演以上の扱いで、かえって余計な火種を生まないかと‥‥」(TBS関係者)

「監察医朝顔」(フジ系)のロケ現場では、主演・上野樹里(34)の口から「ユーチューバー・デビュー宣言」が飛び出した。収録の待機中、共演する中尾明慶(32)が今年3月にYouTubeチャンネルを開設したことが話題になり、上野は「私もやってみたい」と興味津々。中尾から、再生数が稼げる動画の傾向についてレクチャーを受けているという。

 ドラマは初回視聴率13.8%(ビデオリサーチ調べ・関東)と好スタートを切った。フジテレビ関係者は、

「上野いわく『コロナ太りした』とのことで、確かに全身がムッチリして、バストもボリュームアップしているんです。ぜひ彼女のボディ変化にも注目してほしいですね」

 さらなる視聴率アップが見込めるかもしれない。

 ボディ変化といえば、「#リモラブ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系)でドS女医を演じる波瑠(29)が、10月20日放送の「踊る!さんま御殿!!秋の3時間スペシャル」で自身の「整形疑惑」に触れ、次のように告白した。

「小さい頃から鼻を自分で引っ張っていたら、形が変わった」

 これを機に、ドラマの現場では異様なブームが到来。ドラマ関係者によれば、

「共演する川栄李奈(25)、江口のりこ(40)や女性スタッフの間で『鼻をつまんで伸ばす』が大流行中。『ちょっとずつ形が変わってきたかも』と効果を口にするスタッフも出ています」

 柴咲コウ(39)が主演する「35歳の少女」(日テレ系)では、太っ腹精神で鼓舞する大物女優が見受けられた。

「柴咲の母親役で出演している鈴木保奈美(54)が、1食4000円以上するとみられる超高級和食弁当を、100食以上も差し入れてくれました。『クイズ番組で300万円を獲得したお裾分け』とのこと、おかげでムードは最高潮ですよ」(ドラマスタッフ)

 クランクアップまで、美女優の「硬・軟・色・食」織り交ぜたハプニングは止まりそうもない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え