芸能

矢口真里、「鬼滅を観てもアニメファンと言えない」不貞騒動の“後遺症”とは

 タレントの矢口真里が11月14日、「胸いっぱいサミット!」(関西テレビ)に出演。大ヒット映画「鬼滅の刃」を巡る自身のわだかまりについて語った。

 番組では、「クレームをつけたい!トレンドワード」として、「鬼滅まだ観てないの?」と押し付けてくる行為や「鬼滅がダメな人っているんだ」と好みを否定する行為、「鬼滅に興味ない」と他人に言えない雰囲気を表す用語としてトレンド入りした「キメハラ」(鬼滅ハラスメント)を取り上げ、出演者がトークを展開。

 矢口は自身を“にわか”としながらも「鬼滅」は観ているというが、「私の場合けっこう特殊で、“『鬼滅の刃』を好き”って言うと叩かれるんですよ」と告白。さらに、「ダメなんですよ。何か好きっていうと、メチャメチャ詳しい大好きな人が“オマエが好きって言うな!”みたいな」とし、過去にも、人気漫画「ワンピース」を好きだと公言したところ、「めっちゃ叩かれた」という。そのため「鬼滅」については、映画を観ても怖くて言えなかったのだとか。

「矢口の場合、ゲーム好き、アニメ好き、お笑い好きを公言していましたが、どれもメジャーなタイトルや人物しか出てこないため、確かに矢口が発言すると、それぞれのジャンルのファンから入口の時点で拒否反応が出るようです。決定的だったのは『ワンピース』で、2015年、不貞と離婚騒動で休止していた活動を再開後、バラエティー番組で休止中を振り返り、『ワンピース』を読みふけり“セリフに励まされた”と発言したところ《イメージダウンだ!》と大炎上したこと。結局、あの不貞がなければ何でもかんでも叩かれることはなかったのかもしれません」(芸能ライター)

 ただ、過去の騒動の“後遺症”をネタにするたくましさも感じられるところはさすがである─。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
2
TBS良原安美が薄生地スカート張り付き事故!浮かび上がった「意外な下腹部のカタチ」
3
松井と高橋由にもうひとり…投高打低のプロ野球界をあざ笑う「90年代の巨人は3割30本を3人」の超重量打線
4
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!
5
隠れ爆バスト!加藤紀子のもっちり膨らみ写真は完熟の極み