スポーツ

楽天・石井新監督にデーブ大久保がエール!「日本一」星野監督の“所作”を激白

 東北楽天ゴールデンイーグルスは11月12日、三木肇1軍監督が退任して2軍監督となり、GMの石井一久氏が1軍監督を兼務するといった驚きの人事異動を発表した。GMと監督の兼務も、1軍監督から2軍監督への配置転換もあまり聞かない話だ。

 その楽天と言えば、初代監督の田尾安志氏を3年契約のところを1年で契約を打ち切ってみたり、後を受け06年から監督を務めた故・野村克也氏が09年にパ・リーグ2位で初のAクラス入りを果たした際、「あと1年」と、懇願してもバッサリ切ってしまったりと、どうもフロントの監督に対するリスペクト感が少ないように思えてしまうのだが…。

 そんな楽天において、15年に監督を務めた大久保博元氏がみずからのYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉で、楽天が唯一日本一に輝いた13年を振り返り、石井新監督にエールを送った。11月13日に〈石井一久GMが監督に就任!思うことを話します。〉とタイトルして投稿された回を観てみよう。

「この監督、オレを使わないな」「この球団、また監督が変わるんだよな」といった感情から選手は監督や球団に不信感を募らせていくと説いた大久保氏が振り返った13年は、故・星野仙一氏が楽天の監督を任されて3年目。自身は2軍監督という近い距離感で星野氏の奮闘を見つめていたという。

 大久保氏によれば、当時、星野氏が徹底していたのは、「選手の心をまずつかむ。選手に不信感を持たせないこと」だったそうだ。例えば、落ち込んだ選手がいれば食事会をセッティングし、励ますと言った細やかな心遣いも星野氏は見せていたと大久保氏は振り返り、石井新監督にエールを送ったのだった。

 そんな星野氏も翌年の14年は最下位に落ちている。「そんなに簡単に勝てないです…」との大久保氏の言葉がズシリと重みを増して聞こえた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”