スポーツ

楽天・石井新監督にデーブ大久保がエール!「日本一」星野監督の“所作”を激白

 東北楽天ゴールデンイーグルスは11月12日、三木肇1軍監督が退任して2軍監督となり、GMの石井一久氏が1軍監督を兼務するといった驚きの人事異動を発表した。GMと監督の兼務も、1軍監督から2軍監督への配置転換もあまり聞かない話だ。

 その楽天と言えば、初代監督の田尾安志氏を3年契約のところを1年で契約を打ち切ってみたり、後を受け06年から監督を務めた故・野村克也氏が09年にパ・リーグ2位で初のAクラス入りを果たした際、「あと1年」と、懇願してもバッサリ切ってしまったりと、どうもフロントの監督に対するリスペクト感が少ないように思えてしまうのだが…。

 そんな楽天において、15年に監督を務めた大久保博元氏がみずからのYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉で、楽天が唯一日本一に輝いた13年を振り返り、石井新監督にエールを送った。11月13日に〈石井一久GMが監督に就任!思うことを話します。〉とタイトルして投稿された回を観てみよう。

「この監督、オレを使わないな」「この球団、また監督が変わるんだよな」といった感情から選手は監督や球団に不信感を募らせていくと説いた大久保氏が振り返った13年は、故・星野仙一氏が楽天の監督を任されて3年目。自身は2軍監督という近い距離感で星野氏の奮闘を見つめていたという。

 大久保氏によれば、当時、星野氏が徹底していたのは、「選手の心をまずつかむ。選手に不信感を持たせないこと」だったそうだ。例えば、落ち込んだ選手がいれば食事会をセッティングし、励ますと言った細やかな心遣いも星野氏は見せていたと大久保氏は振り返り、石井新監督にエールを送ったのだった。

 そんな星野氏も翌年の14年は最下位に落ちている。「そんなに簡単に勝てないです…」との大久保氏の言葉がズシリと重みを増して聞こえた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性