芸能

二階堂ふみが「20秒愛撫」で魅せた!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(1)

 バストトップにも需要と供給のバランスがある。何度も懇願されて披露する女優もいれば、脱ぎたくても声がかからないなんてことも…。そんな監督や共演者、何よりファンからのニーズにより、日本でいちばん愛される「バストトップ女優」とは!?

「現在、彼女が断トツですね」と、映画評論家の秋本鉄次氏が前置きしたうえで、その理由を「コンスタントに」ベッドシーンを演じていて、バストトップが「コロンとして」おり、そして「バストの量感もタップリあって鑑賞にたえられる」と絶賛するのが、二階堂ふみ。現在放送中の連続テレビ小説「エール」(NHK)のヒロインを演じ、紅白の紅組司会者にも抜擢。まさに「今年の顔」であるが、「バストトップ界」でも顔になりつつある。

 6年前から肌着姿を映画で披露。18年公開の映画「リバーズ・エッジ」(キノフィルムズ)で、ついにバストトップ出しベッド場面を演じた。役柄ゆえに冷淡なベッドシーンの印象が強かったが、「2年連続2度目」の解禁で、情念的な合体シーンを見せたのだ。映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」(19年、松竹)でのことで、二階堂は太宰治(小栗旬)の不貞相手、山崎富栄を演じた。

 最後の不貞相手役だけに、ベッドシーンは圧巻。小栗に押し倒され、胸の肌着をズリ上げられるや、あおむけでも崩れないDバストが顔を出す。その尖端に色づく桜色を、もう少し見ていたかったが、小栗がそれを許さない。右バストトップをつまみ、左のそれを舐め吸いされてしまう。そこから約20秒間にわたって愛撫が続き、二階堂の唇からは悩ましい声が漏れる─。

 ベッド場面の「アナリスト」を自任する、ライターの尾谷幸憲氏も惜しみない賛辞を贈る。

「女優さんは監督が望み、物語に必然性があれば脱ぐものですが、二階堂は脱ぎすぎ! 経歴や演技力からすれば、そんなに脱がなくてもいいのに。もしかしたら『本人が脱ぎたがってる?』と思ってしまうほどです」

 大絶賛を受ける二階堂だが、クイーン・オブ・バストトップと呼ぶには、踏んだ場数が足りていない。

 例えば、黒木瞳は主演デビューとなった映画「化身」(86年、東映)で迫真の“バストトップ出し情交”を披露。文芸評論家役の藤竜也が、黒木演じるホステスを女として磨きまくる。その初夜では「私が欲しいなら優しくしてください」とみずからバストトップを差し出すや、藤は口に含んで優しく責める。微バストながらも黒木の“先端”が屹立するさまがバッチリ拝める。

 その後も黒木は映画「姐御」(88年、東映)や「略奪愛」(91年、東映)、さらに「失楽園」(97年、東映)でも突起全開。そのたびに「刺青情交」「キッチンプレイ」、そして「不貞」と、描かれるベッド場面はますます過激化の一途。

 また、かたせ梨乃も豊かなボディを惜しげもなくさらしてきた。映画「極道の妻たち」(86年、東映)シリーズや「吉原炎上」(87年、東映)、映画「肉体の門」(88年、東映)などでバストトップを披露。ヤクザの姐さん、遊女にパンパンを演じ、まさに命を削るかのような情交シーンは、かたせを「肉体派」としてスターダムに押し上げたのだ。

 二階堂に立ちはだかるのは大先輩ばかりではない。

 宮地真緒も映画「失恋殺人」(10年、クロックワークス)で87センチの爆裂バストに沿う存在感ある先端を解禁してハードベッド場面を演じた。続けて、映画「妻が恋した夏」(14年、アルゴ・ピクチャーズ)や「夜明けまで離さない」(18年、アルゴ・ピクチャーズ)とコンスタントに連続「丸っと出し」をしている。芸能ジャーナリストの沖直人氏は、宮地はデビュー20周年を記念した写真集「逢燦燦」(講談社)を12月に刊行するが、それを「ラスト脱ぎ」とうたっており、また、黒木も映画監督としての顔を持っており、どちらもベッド場面は減っていくと指摘する。そのうえで、「二階堂へのニーズは強まり、新旧交代は早まっています」と予測してくれた。

 11月公開予定の「ばるぼら」(イオンエンターテイメント)でも、二階堂のベッド場面があるようだ。今、最も愛されているバストトップは二階堂に決まりだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは