芸能

キングコング西野亮廣が吉本の「カリスマ」になっていた!?

 お笑い芸人にして絵本作家のキングコング・西野亮廣が、壮大な目標をぶち上げた。自身の手掛けた絵本を原作とし、製作総指揮と脚本も務める映画「えんとつ町のプペル」(12月25日公開)に関して、興行収入100億円を目指していると明かしたもの。

 西野は11月28日放送の「おかべろ」(関西テレビ)にて、制作費などを考えると「100万人動員しても失敗なんですよ」と断言。その上で具体的な金額を口にし、「目標ですから、一回は目指さないと」と語っていた。そんな西野がいまや、所属する吉本興業で「カリスマ」視されているというのだ。

「西野が役員を務める『株式会社NISHINO』では、50万部を売り上げた絵本や会員数が7万人を突破したオンラインサロンなど100以上のビジネスを手掛けており、年商は8億円にも成長。本人の年収は『アラフォーの年相応くらいか、それより少し多めくらい』とのことですが、エンタメ事業にはどんどんお金を注ぎ込んでいます。東野幸治から『新世界の創造主』と呼ばれ、芸能界の枠を超えて活躍する姿はいまや、吉本入りを目指す芸人志望の若者たちを強烈に惹きつけているのです」(芸能ライター)

 かつての芸人志望者たちはダウンタウンらの正当お笑い芸人にあこがれていたもの。それが最近は西野のようになりたいという若者が少なくないようだ。しかも西野はマスコミからも好かれているというのである。

「取材の際に西野が『何か足りないことはありませんか?』と声をかける光景はおなじみ。この程度の気遣いなら他のタレントでも珍しくありませんが、西野はさらに『取材の前にどんな準備をするんですか?』『どうやってここから記事を書くんですか?』などと、マスコミの仕事をリスペクトしたうえで逆取材してくるのです。それもあって西野を取材した人は彼に一目置き、その壮大な世界観に圧倒されつつも好感を持つといいます。ともあれ、こういった西野の“好奇心”こそが西野の成長を促したことは間違いないでしょう」(前出・芸能ライター)

 ほんの数年前までは発言が炎上したり、他の芸人から小馬鹿にされることも少なくなかった西野。そこからカリスマ的存在へと変貌した姿も、若者たちを虜にしているようだ。

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
鬼束ちひろ、逮捕で注目された「“豊かなバスト見え”誕生日会の動画」に称賛!