芸能

「やめじゃボケ!」浜田雅功が自ら明かしたドラマ出演“ブチ切れ”過去

 ダウンタウンの浜田雅功がレギュラー出演している「ごぶごぶ」(MBS)で、ドラマに出演したきっかけを明かした。

 12月1日放送の同番組にゲスト出演した勝地涼から、ドラマに出演するようになったきっかけを聞かれた浜田は「話がなんでか知らんけど来たんですよ。やりませんかいうてもな…と思ってたら、2時間ドラマで結婚式の司会の役やと。1シーン、2シーンみたいな感じやから『それぐらいやったら試しに一回行きますわ』って」と振り返った。

 その作品は故・緒形拳さんと、浅野ゆう子が主演の「普通の結婚式」(TBS系=1990年)。浜田は早朝6時ごろから撮影現場の貸し切ったホテルの大宴会場に入ったものの、「全然回さへんねん。 当時知らんからドラマを。違うシーンばっかりずっと撮ってて『休憩入りまーす』言うて。 夕方になって、夕飯食って、いつやんねん!って」とむかついていたという。

 そしてようやく浜田のシーンの撮影になり、最初は正面のカメラで撮影。「もう1回!」と言われ、再び演技をしたが、その際、足元から顔を見上げるように撮られていることに気づかなかったとか。オンエアをみると、2回目に撮られた映像が使用され、イライラで激しい貧乏ゆすりがそのまま放送されてしまったという。

 そのため、「そのときのプロデューサーの方に『お前と二度と仕事せえへんからな! ドラマなんかやめじゃボケ!!』言うて帰ったんですよ」と振り返った浜田。ところが、ドラマを観ていた同局の別のプロデューサーが、「普通の─」のプロデューサーに「君が使ってた芸人の子はもう使わないの?」と聞き、「僕はいろいろありまして…」 と言ったことから「じゃあ、僕が…」となったそうだ。

 浜田を引き抜いたそのプロデューサーは、それまでお笑い系で所ジョージを役者として使っていたそうで、当初、浜田は「またですか?」と思ったものの出演を承諾。「初めて連ドラのほうに行って、そこからなんでか知らんけどTBSで10年やらされた」と、 その後、「ADブギ」や「十年愛」など人気ドラマに出演したきっかけを明かした。

 勝地は「いや、すごい」と驚いていたが、ドラマデビュー作でブチギレたというのは、いかにも浜田らしいエピソードだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え