芸能

「やめじゃボケ!」浜田雅功が自ら明かしたドラマ出演“ブチ切れ”過去

 ダウンタウンの浜田雅功がレギュラー出演している「ごぶごぶ」(MBS)で、ドラマに出演したきっかけを明かした。

 12月1日放送の同番組にゲスト出演した勝地涼から、ドラマに出演するようになったきっかけを聞かれた浜田は「話がなんでか知らんけど来たんですよ。やりませんかいうてもな…と思ってたら、2時間ドラマで結婚式の司会の役やと。1シーン、2シーンみたいな感じやから『それぐらいやったら試しに一回行きますわ』って」と振り返った。

 その作品は故・緒形拳さんと、浅野ゆう子が主演の「普通の結婚式」(TBS系=1990年)。浜田は早朝6時ごろから撮影現場の貸し切ったホテルの大宴会場に入ったものの、「全然回さへんねん。 当時知らんからドラマを。違うシーンばっかりずっと撮ってて『休憩入りまーす』言うて。 夕方になって、夕飯食って、いつやんねん!って」とむかついていたという。

 そしてようやく浜田のシーンの撮影になり、最初は正面のカメラで撮影。「もう1回!」と言われ、再び演技をしたが、その際、足元から顔を見上げるように撮られていることに気づかなかったとか。オンエアをみると、2回目に撮られた映像が使用され、イライラで激しい貧乏ゆすりがそのまま放送されてしまったという。

 そのため、「そのときのプロデューサーの方に『お前と二度と仕事せえへんからな! ドラマなんかやめじゃボケ!!』言うて帰ったんですよ」と振り返った浜田。ところが、ドラマを観ていた同局の別のプロデューサーが、「普通の─」のプロデューサーに「君が使ってた芸人の子はもう使わないの?」と聞き、「僕はいろいろありまして…」 と言ったことから「じゃあ、僕が…」となったそうだ。

 浜田を引き抜いたそのプロデューサーは、それまでお笑い系で所ジョージを役者として使っていたそうで、当初、浜田は「またですか?」と思ったものの出演を承諾。「初めて連ドラのほうに行って、そこからなんでか知らんけどTBSで10年やらされた」と、 その後、「ADブギ」や「十年愛」など人気ドラマに出演したきっかけを明かした。

 勝地は「いや、すごい」と驚いていたが、ドラマデビュー作でブチギレたというのは、いかにも浜田らしいエピソードだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故