芸能

上白石萌音、恋つづ制作陣再結集ドラマ主役も「胸キュンOK?」な懸念点とは!

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)で主演を務め、佐藤健演じる「魔王」の異名を持つ医師に立ち向かう、仕事にも恋にも懸命な看護師役を演じて一躍注目を集めた女優・上白石萌音が、来年1月期の連ドラで再び主演を務めることが決まった。

「上白石が主演を務める来年1月期のドラマは『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)。『恋つづ』放送からわずか1年でスタッフが再結集した作品で、TBSサイドの期待の高さがうかがえます」(芸能ライター)

 上白石が演じるのは、「仕事も恋もほどほどに」と言うイマドキ安定志向の主人公・鈴木奈未。地方出身の平凡な奈未が、東京の大手出版社のファッション誌編集部で働くことになり、恋や仕事に悪戦苦闘する様子を描いた物語。奈未(上白石)の前に立ちはだかるファッション誌の史上最年少編集長で鬼上司・宝来麗子役には菜々緒。奈未を振り回す子犬系御曹司のカメラマン・潤之介にKis‐My‐Ft2の玉森裕太。先輩編集者で編集部の若きエース中沢涼太に間宮祥太朗がキャスティングされている。

「恋つづ」のようなヒットが期待されるが、一方で早くも不安視する声も。

「『恋つづ』で上白石が立ち向かったのは佐藤健演じる『魔王』。『これは治療だ』キスを始め、数々の名言が生まれました。ところが今回立ち向かう相手は、冷徹な編集長を演じる菜々緒。同じ高圧キャラでもキュンキュン感は期待できません。玉森演じる子犬キャラやイケメン編集者の間宮もいますが、2人がかりでも佐藤健には勝てませんよ」(女性誌記者)

 はたして、上白石は結果を残すことができるか。

(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
2
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
3
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
4
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”