芸能

これは傑作だ!障害を抱えるSixTONES松村北斗と上白石萌音の「高度なサスペンス」/大高宏雄の「映画一直線」

 SixTONESの松村北斗と上白石萌音が主演する「夜明けのすべて」がヒットしている。2人の主演者はじめ、何人もの俳優たちが作品を支えているが、ここでは2人について語る(少し話の内実に踏み込むので、ご容赦を)。

 パニック障害を持つ孝俊(松村)と、PMS(月経前症候群)を抱える美紗(上白石)は、同じ職場に勤める。席は隣同士だ。ともに極度に体調が悪くなる時がある。

 その症状の違いを浮き彫りにする会話のシーンが見事だ。孝俊の障害に意外にズケズケ入り込む美紗に対し、孝俊は微妙な表情を見せる。会話の最後では、彼が発した障害をめぐる言葉に反応した美紗が、少し強い口調を挟む。

 障害が持つデリケートな部分に分け入る微細な言葉のやり取りが、まるで高度なサスペンス劇のような緊張感を生む。見る者はハラハラしっぱなしになる。

 ギクシャクする2人の距離感だが、ある地点から変化を遂げる。そこをどのように描くか。この転換点の描写が、本作の肝だと言っていい。

 それは笑顔(美紗)と笑い(孝俊)にあった。サスペンス調の緊張の糸が笑顔、笑いによって、ほぐされていく。作品の方向性が定まった瞬間である。引き金になるのは自転車だ。

 ある時、自身の住まいで突発的に笑顔を浮かべた美紗は、なぜか汚れた自転車の掃除を始める。丹念な掃除の意味が、ここではわからない。

 さあ、自転車をどうするか。孝俊と関係があるわけだが、その過程で彼の笑いが画面に響きわたる。2人の笑顔と笑いが結びつく瞬間だ。

 転換点はそこにとどまらない。次なる別のシーンが見ものだった。それまで陰鬱だった孝俊の表情は消え、生気がみなぎってくるのだ。それは画面から、はっきりとわかる。

 観客が感じ取ったことに導かれるままに、彼と相対する人物もまた、思わずそのことを指摘する。孝俊が、ちょっぴり笑顔になる。全く鮮やかなシーンである。

 その後の2人は、ちょっと対極的な振る舞いになっていく。孝俊は明快な変化とともに歩む。先の笑い、笑顔を経て、生活そのものに張りが出てくる。

 美紗は体調が一定ではないから、笑顔が首尾一貫するわけではない。突発的に怒り出す彼女に、絶えず気を遣う孝俊の数々の所作は、美紗から始まった支え合いが基盤になっている。

 松村は一変した表情を見るだけで、圧倒的な演技力の持ち主であることがわかる。あの生気ある表情によって、映画の道筋に「希望」という言葉を当てはめたくなる。

 上白石は、配慮ある人間関係を保つ人柄が天下一品だ。そこから逸脱していく際、極端すぎる変貌の姿を見せないのも、彼女ならではの個性である。なんとかギリギリ、押しとどまる感じがある。

「夜明けのすべて」は、多くの人に「希望」を与える。言葉が上滑りする安直な「希望」ではない。映画のように生きることができると、思わせてくれるのだ。傑作である。

(大高宏雄)

映画ジャーナリスト。キネマ旬報「大高宏雄のファイト・シネクラブ」、毎日新聞「チャートの裏側」などを連載。新著「アメリカ映画に明日はあるか」(ハモニカブックス)など著書多数。1992年から毎年、独立系作品を中心とした映画賞「日本映画プロフェッショナル大賞(略称=日プロ大賞)」を主宰。2023年には32回目を迎えた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ