芸能

渡部建、児嶋以外にも味方が!ダイアンが「大好き」と評した救われる“一面”

 不貞報道で芸能活動を休止していたアンジャッシュの渡部建が、ようやく記者会見を開いたのは12月3日。コロナ禍においては異例の囲み取材のなか、複数女性との関係や、年末に放送予定のバラエティ番組への出演などについて質問が相次いだが、渡部は明言を避け、「身勝手だった」「申し訳ない」を繰り返すばかり。結果は“フルボッコ会見”となった。

 6月に不貞が報じられて以降、もともと業界内では渡部の評判があまり良くなかったことから擁護の声が上がらないといわれ、渡部の人望ゼロのイメージがすっかり定着してしまったが、一方で、 珍しく渡部の人柄を称賛しているのが、吉本興業のお笑いコンビ「ダイアン」だ。

 12月8日放送のラジオ番組「ダイアンのよなよな」(ABC)で渡部の会見の話題になった際、 「アンジャッシュさんの番組に行ったとき優しかった。なんやったら児嶋さんより全然優しかった」とユースケが言うと、津田篤宏は「児嶋さんは冷たかったもん」と笑い、「俺、渡部さん好きよ、大好き」と続けた。

 この番組はおそらく昨年9月に放送された「白黒アンジャッシュ」(チバテレ)だと思われるが、当初、児嶋より渡部のほうが冷たそうだと思っていたものの、実際には渡部のほうがフレンドリーで、舞台裏でもダイアンにしゃべりかけ緊張をほぐしてくれたそうだ。

「だから俺ら的には会見は胸が痛かった。そのとき(番組で会ったとき)に渡部さんが冷たくてさ、嫌な人とかやったら、ちょっと天狗みたいになってはったんやなと思うけど、 めちゃくちゃ優しかったから…」とユースケ。津田も「めっちゃ優しいと思う、ほんまに。芸人さんの中でも、めっちゃ優しいほうやと思うわ」と言い、「頑張ってほしいというものおこがましいけど、普通に仕事できる状態に…、難しいと思うけど」とエールを送っていた。

 普段から付き合いがある関係ではないのだろうが、少なくともそのときの渡部は“いい人”だったようだ。(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
2
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!
3
TBS良原安美が薄生地スカート張り付き事故!浮かび上がった「意外な下腹部のカタチ」
4
松本人志が「バス旅番組」にモノ申す!「蛭子・太川を越えられない」で変わる勢力図
5
松井と高橋由にもうひとり…投高打低のプロ野球界をあざ笑う「90年代の巨人は3割30本を3人」の超重量打線