芸能

藤田ニコル、「彼氏と1日中ハメまくり」報道で再燃した中学時代“濃密プレイ”

 12月19日のニュースサイト「覚醒ナックルズ」が、藤田ニコルのプライベートに関する記事を掲載した。藤田といえば先日、若手イケメン俳優・稲葉友との半同棲交際が「文春オンライン」に報じられたが、2人は“お盛ん”な日々を過ごしている可能性があるという。

「記事によると藤田は、これまで彼氏ができると、オフの日なら1日中“ベッドイン”して2人の時間を楽しんでいたのだとか。彼女はそのことを、ざっくばらんにマネージャーなどに話すため、『絶対にテレビでは言わないように』と釘を刺されていたそうです。そのため、今回、藤田にとっては久々の恋人だったことで、毎晩3から5回戦の性生活を楽しんでいる可能性があると、彼女を知る芸能関係者が明かしています」(芸能記者)

 そんな藤田といえば、学生時代からモテていたようで、過去にはテレビ番組で恋人との濃密な日々を明かしたこともある。しかし、今回の報道で、あるエピソードに対し一部から疑惑の目が向けられているという。

「藤田は18年、バラエティ番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演した際に、過去の“濃密すぎる”キス体験を明かしたことがあります。彼女によると、中学時代、恋人の家にて6時間ぶっ通しでキスをしたことがあるのだとか。当時、藤田は番組で『最後まではしていない』と否定していましたが、視聴者から『6時間もキスして最後までいかないわけがない!』とツッコミの声が殺到した。そんな経緯もあり、今回のナックルズの記事に対し、ネットでは『やはり学生時代からハメまくりだったのかな?』『やっぱりキスだけじゃなく普通にするよね』『俺も仲間に入れてほしい…』などと様々な妄想が飛び交うこととなっています」(前出・芸能記者)

 とはいえ、おたがい独身の美男美女でお似合いの藤田と稲葉。今後、2人の関係が深まることで、ますます藤田の艶っ気がアップしていくことになるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?