スポーツ

田淵幸一「82年西武優勝で感涙」の“裏ドラマ”をあの「後輩」が動画告白!

 元プロ野球選手の田淵幸一氏。阪神タイガースや西武ライオンズで活躍し、本塁打王を1回獲るなど名スラッガーの1人であるが、1969年の入団当時に比べて太ってしまったことから、そんな田淵氏をコミカルに描いた4コマ漫画〈がんばれ!!タブチくん!!〉が「いしいひさいち氏」の手により1977年から漫画雑誌の「漫画アクション」で連載スタート。アニメ映画にまでなるムーブを起こし、選手としてのみならず、世間一般に広く、田淵氏の名前を世に知らしめたものだった。

 しかし、そんな田淵氏にかつて容赦なく肉体改造を強要する人物がいたそうだ。82年からライオンズの監督に就任した広岡達朗氏である。

 主に西武ライオンズで活躍した元プロ野球選手の石毛宏典氏が、みずからのYouTubeチャンネル〈石毛宏典TV〉の昨年10月20日投稿〈【ベテランブチギレ】周りの文句が絶えなかった広岡野球と日本一の話をします【広岡時代前半】〉で明かしている。

 広岡氏と言えば、しごきが厳しく、また体が酸化しないよう菜食主義を主張していたことでも有名で、田淵氏の太った体を見て、「給料もらい過ぎだ!」と、走って守ることも大切だと指摘。肉体改造と食生活を改めることを提唱し続けた。怒り反面、田淵氏は徹底的にトレーニングに励み肉体改造に成功。82年は広岡監督就任1年目でライオンズが日本一に輝いた。田淵氏はタイガースで優勝の経験がなく、移籍したライオンズでの4年目に広岡監督のもとで肉体改造の結果に得た喜びから、優勝の瞬間、グラウンドで最も喜び、感涙していたのは田淵氏だったと石毛氏は明かしたのだった。

 常勝球団の礎を築いた広岡監督だが、その後、森祇晶監督にバトンが渡されライオンズは黄金時代を迎えた。石毛氏はライオンズ在籍14年の間で、11度のリーグ優勝と8度の日本一を経験している。これもまたみごとな功績である。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」