芸能

上白石萌音・萌歌 「ドラマ、CMで爆売れ」清純派姉妹を全比較(2)多感な幼少期にメキシコ生活を

 それでは、上白石姉妹の経歴を見ながら、その人間性に迫ろう。

 姉妹は鹿児島県鹿児島市出身。父親は社会科の教師で、母親は元音楽教師でピアノの先生という「お堅い」家庭で生まれ育った。姉妹以外にきょうだいはおらず、4人家族だ。萌「音」、萌「歌」という名前は「音楽に親しんでほしい」という母親の思いから名付けられたそうである。

 06~08年に父親がメキシコの日本語学校に勤務するため、上白石一家はそろって移住。萌音は8~10歳、萌歌は6~8歳という多感な幼少期の3年間を、ラテンの陽気な歌と踊りが街中にあふれるメキシコで過ごすことになる。

「教育者の両親のおかげか、姉妹はのびのびと素直ないい子に育ちました。2人とも礼儀正しく、愛想もいい。現場ではスタッフとも気さくに話しますし、差し入れのお菓子などを周りの人たちと『おいしそう☆』などとコミュニケーションをとりながら、無邪気に食べています。監督やプロデューサー、共演者たちからもかわいがられ、スタッフ受けも抜群なため、一緒に仕事をしたいとオファーがひっきりなしなんです」(テレビ局関係者)

 今や萌音に脚光が当たりがちだが、デビュー時は萌歌のほうが格上で、事務所の期待度も高かったと言われている。萌音が12歳、萌歌が10歳の際に出場した11年開催の「第7回東宝シンデレラオーディション」では、萌音が「審査員特別賞」だったのに対し、萌歌は「グランプリ」を受賞しているからだ。

 テレビ局関係者が続ける。

「2歳しか変わらないので比べられがちですが、姉妹仲はとてもいいんです。鹿児島から上京して以降、ずっとマンションで同居していますし、一緒に料理を作るなどして、協力し合って暮らしています。萌音は明治大学を卒業した才女で、真面目な学術派。萌歌は明治学院大学で美術史の勉強をしており、アートや音楽に興味がある感覚派。根本的に違いがあり、それがかえって2人の関係をよくしているみたいですよ」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「シブがき隊転倒」「明菜に帰れコール」…歌番組の「放送事故」を全部バラす!
2
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
5
菅野智之に首脳陣が「困惑声」…原巨人“2位でもグダグダ”なチーム事情とは