芸能

渡部建「24時間マラソンで復帰」説を児嶋一哉が一蹴で指摘された“深意”

 昨年6月の不貞スキャンダルで芸能活動を休止しているアンジャッシュの渡部建を巡り、「24時間テレビ」(日本テレビ系)のチャリティランナーで復帰するとの観測が浮上。それを相方の児嶋一哉が一刀両断する場面があった。

 1月26日深夜のラジオ番組「JUNK 爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)に出演した児嶋は、チャリティランナーの報道について「まったく根も葉もない噂ですね」と完全否定。スキャンダル当初から渡部の早期復帰に対しては厳しい態度を取り続けている。しかし一方で児嶋には、アンジャッシュを解散させるつもりはないというのだ。

「渡部は12月3日に謝罪会見を開くも、内容の乏しさからフルボッコされていましたが、それ以前から周囲は児島に解散を勧めており、会見を受けてその声はさらに高まりました。そもそも騒動以前からアンジャッシュはコンビ仲が良いとはいえず、2人の間で会話も少なかったことからコンビを続ける意味はないと目されていました。しかし当の児嶋は周りの意見にまったく耳を貸そうとはしなかったのだそうです」(業界関係者)

 アンジャッシュは児島が1993年、高校の同級生だった渡部に声をかけたことにより結成。その経緯から児島は渡部の現状に責任を感じているのだという。

「児嶋は自分の責任で渡部の芸能活動復帰を手助けしたいと考えているようです。その手始めとなるのはおそらく、二人が得意とするすれ違いコントを軸としたお笑いライブではないでしょうか。同様の例としては、やはり女性絡みの不祥事で芸能活動を自粛していた極楽とんぼの山本圭壱が2016年、相方の加藤浩次が主導する形で単独ライブツアーを開催したケースがあげられます」(前出・業界関係者)

 もはや、渡部を救うことができる唯一の人物は児島しかいないのだろう。

 (浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」