芸能

ビートたけしの名言集「ツービートが勝利した『伝説の博品館』」

「昔、博品館でやった『THE MANZAI』の映像が、なんかYouTubeにあんだって? お前、見たことある?」

 先日、テレビ局のトイレから出てきた殿から、唐突にこう聞かれました。で、殿が言う「博品館での漫才映像」とは、たけしファンの間ではすこぶる有名で、わたくしも何度もYouTubeで見ていたため即座に「もちろん、あります!ブームになった年の12月30日に博品館から生放送したやつですよね。ツービートは途中から新ネタをやり出して、とんでもなくウケた回です。それ、『ツービート伝説の博品館』って言って、有名なやつですよ」とやや興奮ぎみにお答えすると、殿は一気に記憶がフラッシュバックしたようで、

「そうだよ! 生で年の瀬にやったんだよ。あれよ、ギリギリまでネタ、何やるか悩んでてよ。新ネタを出たとこ勝負でかけたら、それがえらいウケたんだよ」

 と、回想したのでした。ちなみに、そのネタの何がそれほどまでに伝説なのか? 説明します。

 時は1980年、フジテレビが仕掛けた特番によるネタ番組「THE MANZAI(80年4月~82年6月にかけて全部で11回放送)」がきっかけとなり、日本中に空前の漫才ブームが巻き起こります。当然、出演していた漫才師たちはアイドル的人気の超売れっ子となり、あらゆるメディアに出まくるようになりました。ちなみに、ここで話題にしている「第5回」の視聴率はなんと32.6%!

 そんな番組を殿は以前、こう振り返っていました。

「放送の次の日なんかはどこ行っても『誰がいちばんウケた』とか『誰がいちばんつまらなかった』とか、必ず言われたからな。だから、ネタがいまいちウケなかった時の次の日なんかはもう地獄でよ。『昨日のツービートはつまらなかったね』なんてはっきり言われるんだから」

 笑いの量とその結果がはっきりとさらされた、過酷な番組「THE MANZAI」。で、伝説の博品館ですが、売れっ子となったB&B、紳助竜介、ザ・ぼんち、ツービートらのスケジュールがまったく取れず、“もう各コンビ、12月30日の夜しか空いていない。ならば生でやってしまおう”となり、一発勝負の生放送となったのです。

 本番、出演する各コンビは忙しすぎて新ネタを作れず、皆が“ありネタ”を披露する中、この日、ツービートだけが途中から一か八かの新ネタをかけ、それが異常なまでの大爆笑となり、はっきりと“勝負に勝った”伝説の日となったのでした。

 当日の現場にいた高田文夫先生は「本当に一発勝負だったんだよ。そこでものすごい漫才を見せたのが、たけちゃんのツービート」と、ラジオで語っていました。

 で、トイレから楽屋へ戻った殿は、

「今見ても結構面白い? あっそう。じゃー、ちょっとYouTubeで見直してみっかな」

 と、宣言していました。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合