芸能

綾瀬はるか 主演ドラマで新記録!バスト「90秒で79回揺れ」の衝撃(3)「封印」すると視聴率ダウン

 20歳でブレイクすると、ドラマ「白夜行」(06年・TBS系)や「ホタルノヒカリ」(07年・日本テレビ系)、映画「僕の彼女はサイボーグ」(08年・ギャガコミュニケーションズ)など、毎年のように活躍を見せる一方で、綾瀬のバストは「低迷期」に突入する。

「女優業が中心になると肌見せは封印。人気はキープしていましたが、ドラマや映画の出演作品の本数に比べて、話題作は少なかった」(尾谷氏)

 もはや綾瀬にとって、おっぱいはNGになってしまったのか‥‥。あきらめかけていた時、09年に突如、映画で解禁される。そのまんまのタイトル「おっぱいバレー」(ワーナー・ブラザース映画/東映)の主役に起用されたのだ。

「私のおっぱいを見るために頑張りなさい!」

 弱小の男子バレー部顧問を任された新米中学教師が、生徒たちを奮起させるため、試合に勝てばおっぱいを見せることを約束した青春エンターテインメントで、

「オファーが届いた時に本人はタイトルに抵抗があったそうです。恥ずかしさを克服するために、監督の発案で、撮影現場では全員で『おはようおっぱい』『お疲れおっぱい』と、語尾のおっぱいを義務づけていました」(映画ライター)

 この作品で、綾瀬は第52回ブルーリボン賞で主演女優賞を獲得。作品で特に脱いだわけではないのに「おっぱい=綾瀬」のイメージを定着させ、おっぱい指数も「80」に上昇すると、同年にドラマ「JIN-仁-」(TBS系)で主人公・南方を支えるけなげな武家の娘・咲を演じて話題を呼び、出世作に巡り合うことに。

 勢いに乗って「プリンセス トヨトミ」で軽快にロケット乳を揺らして邦画の歴史を塗り替えたものの、落とし穴が待っていたのは13年のこと。NHK大河ドラマ「八重の桜」の主人公に大抜擢されたのだが、視聴率は10%台の低空飛行を続け、戦犯扱いされてしまう。

「着物姿の衣装はどれも綾瀬の武器である巨乳を隠してしまい、改めて『封印』してはダメだということに気づかされる作品になりました」(尾谷氏)

 大河ドラマでの苦難を乗り越え、ここから「黄金期」へ向かい、爆揺れすることになる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
3
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
加藤紀子がお風呂シーンにやる気まんまん!かまいたち濱家が大興奮の艶シーン