芸能

田中みな実VS鷲見玲奈「艶女王」7番勝負(3)収入面では意外な格差が…

 人気のバロメーターともいえる「【3】スポンサー好感度」はどうか。大手広告代理店関係者が語る。

「田中は『オープンハウス』や『ニベア』のCMが好評で『CMに使いたいタレント』のリサーチでも上位に食い込んでいますが、キャラが濃すぎるため、敬遠するスポンサーが少なくないのも事実。好き嫌いが分かれるタレントといえるでしょうね」

 一方、鷲見については今後の上昇余地があると、高評価を与えているが、

「まだフリー転身1年目でギャラが安いことから『高コスパタレント』としてCMオファーが殺到している。イベント出演の需要も極めて高く、コロナ終息後には連日、企業イベントに引っ張りだこになることが確実視されている。広告業界では目下、最注目タレントになっている」

 こちらは、鷲見のコスパの良さに軍配を上げるのだが、ではフリーアナなら誰しもが気になる「【4】収入バトル」に目を向けてみよう。

 やはり田中が圧勝なのは当然のところ。しかし、その差は意外な格差となって現れていた。代理店関係者が明かす。

「鷲見は安く大量に仕事をこなすスタイル。田中は『CM年間契約料3000万円』といわれるほどギャラが高騰している。さらに田中はアパレル業界から商品プロデュースのオファーが絶えない状況です。それどころか、鷲見は1月20日に『カップ焼きそばを食べる画像』を自身のインスタグラムにアップしたのですが、これを『金欠アピールではないか』と受け止める声が業界内で噴出している。同日に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)でも割り箸でポテトチップスを食べる姿を公開していて、彼女の困窮説は高まるばかりです」

 やはり、女王の貫録といったところか。4番勝負で3勝1敗と王手をかけたところで、アサ芸が注目したのは、ズバリ「【5】下ネタ力」だ。田中といえば、歯に衣着せぬ毒舌がウリだったが、

「以前と比べて、随分とトークが大人しくなった」

 と残念がる芸能関係者によれば、

「女優転身を意識しているからか、最近は物議を醸す発言をしなくなった。喜々として『寝る時はノーパン』と語っていたのも今は昔ですよ」

 片や鷲見は刺激的な発言を連発している。

「昨年末、東海テレビの『千原ジュニアのヘベレケ』に出演した際は、自身についてネット上で『顔が下ネタだから嫌い』と書かれていたことを明かし、大ウケしていた。なんとしても爪痕を残そうとする意欲に好感が持てます」(芸能関係者)

 さらに、持ち前のアドリブ力は、ネットでの発信力にもつながっているともっぱら。

「セント・フォースが配信するフリーアナの『ここだけの話』を月額300円で読める有料トークアプリで、番組裏事情などのぶっちゃけ話を連発。登録者数を大きく伸ばし、事務所のビジネスに貢献しています」(IT関係者)

 スキャンダルすらカネに変えるたくましさこそ、鷲見の強みと言えそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”