芸能

島崎遥香、「出会いはマッチングアプリが楽」ファンを戸惑わせるキャラ急変!

 元AKB48で女優の島崎遥香が、2月2日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演。AKB時代を全否定する発言を繰り返し周囲を驚かせていたが、ネガティブ発言を繰り返す島崎に「また“キャラ変”した?」との声もあがっている。

 この日は「超ポジティブVS超ネガティブ」をテーマにトークを繰り広げたが、ネガティブ派として出演した島崎は「歌詞で『明日は必ず光がくる』とか『未来は明るい』とかの歌詞が響く人は苦手」と告白し、「AKBの曲でも『前しか向かねえ』という曲があるんですけど、まったく響かなくて…」とAKBの楽曲を否定すると、今度は元メンバーで総監督を務めた高橋みなみにも噛みつき、「たかみなさん、『努力は必ず報われる』って名言を言ってたんですけど、本当に響かなくて」と否定したのだった。

 さらには「彼氏を作るメリットが分からないです」と恋愛自体を否定し、「お金は必要じゃないですか。現実的に考えたら、最初から分かってるマッチングアプリの方がラクかな」と恋愛はせずにお金を持っている男性と結婚したい願望も明らかにしたのだった。

「2019年2月に出演した『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、塩対応はキャラでやっていたことで、『そうしないと生きていけなかった』と主張。『爪痕残したい、バラエティ大好きです!』と明るいキャラクターを披露していました。また、同4月に出演した『有吉大反省会』(日本テレビ系)では『テレビや雑誌のインタビューで「男に興味が無い」と塩対応で答えてきましたが、それはウソで本当は男にモテたいと思っている』ことを反省し、ネットで男ウケメイクなどを検索していることも明かしています。ただ、実情はAKB卒業後は塩対応はキャラでやっていたことにして男性にも興味があると新規ファンの獲得を目指したものの、思ったような人気者にはなれなかったということでは。徳光和夫や和田アキ子ら大物を激怒させた塩対応っぷりは作りではないともっぱらの噂なので、本人も男ウケを意識したキャラが跳ねなかったため、結局やりやすい元の塩キャラに戻したのではないでしょうか」(芸能記者)

 ファンは戸惑うばかりである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」