芸能

石田純一、小川彩佳の夫の不貞言及で今にも飛び出しそうだった“あの言葉”

 ここまで来ると大したものか。俳優の石田純一が2月9日、自身のYouTubeチャンネル「じゅんちゃんねる」に動画を投稿。その内容に、呆れを通り越した指摘が相次いでいる。

 石田は冒頭、「お前にそういうことを語る資格はないと、いうことはもちろん重々承知ですけれども、ちょっとだけ思うところがあって…」と語り始め、先ごろ明らかになったフリーアナの小川彩佳の夫・豊田剛一郎氏の不貞について言及。

 豊田氏の輝かしい経歴、金銭的に豊かであることや若さを挙げ、「これはモテますよね。絶対に。だから(不貞は)予想できたことではないかと。驚くことではないかな、なんていうふうには思っています」と指摘。さらには不貞についても「してもしょうがないんじゃないの?と」と言い、続けて「そこまで地位も名誉もあって時間もあって、爽やかだったりしたらモテるの当たり前じゃないですか」と、不貞して当然という持論を展開。

 さらにディレクターから「不貞容認派なんですね?」と問われると、「今はそういうエネルギーも状況も整っていない」、過去の自身の不貞について「自分の場合は本当に申し訳なかったと思っています」としてはいるものの、「『もう二度としません』とは言えないですけども…」などと言ってのけたのだ。

「言っていることがハチャメチャな内容の動画(笑)。自分がもし豊田氏の立場だったらと想像を巡らせていましたが、結局は豊田氏をうらやましがっているようにしか見えませんでしたね。あげくはトルストイやワグナーなど偉人たちの不貞エピソードを持ち出し、『不貞の形もいいろいろある』と、今にもあの“不貞は文化”のセリフが飛び出しそうな勢いでした。老いてもバッシングを受けても、中身はいっさい変わっていないのかもしれません」(ネットウオッチャー)

 当然ながら、今回の動画も「低評価」がダブルスコアで「高評価」を上回った石田のチャンネル。ここまで来ると、悪評記録がどこまで伸びるのか見ものである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CMで見せた“まん丸お椀型Eバスト”躍動に垣間見える「覚悟」
2
小泉今日子「略奪愛&政治色」を払拭する「桃色ステージ」(1)復活に水を差す不貞の代償
3
元巨人スコアラーが明かした松井秀喜の「不器用」と高橋由伸「無冠」の理由
4
宇垣美里がガチで狙われていた?ピスタチオ小澤、嫁との交際を拒んだ仰天理由
5
人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトル勃発(2)日テレ・市來玲奈と岩田絵里奈に不仲説?