芸能

成海璃子、激しく突かれた初貫通の喘ぎ/「青天を衝け」女優の艶場面(1)

 2月14日にスタートした、吉沢亮主演のNHK大河ドラマ「青天を衝け」。13年の綾瀬はるか主演の「八重の桜」以来、8年ぶりの大台発進となる20.0%という高視聴率をマークしたが、21日の第二話は16.9%と大きく落ち込み、早くも今後が不安視され始めている。

 だが、脇を固める女優陣を見てみると、いずれも“ベッドシーン上手”あるいは“脱ぎ上手”な実力派の美女ばかり。彼女たちの活躍がドラマを大いに盛り上げてくれるに違いない。

 一人目は、吉沢演じる主人公・渋沢栄一の従兄・喜作の妻、よしを演じる成海璃子だ。

 成海は、16年公開の「無伴奏」で、体を張った艶シーンを見せてくれた。舞台は1969年、反戦運動や全共闘運動が起きていた激動の時代の若い男女の姿を描いた作品だった。

「特に艶っぽかったのは、初体験の場面。風邪をひいた池松壮亮を見舞った成海が服を脱がされると、真っ白い肌着にパンパンに押し込まれた爆裂バストがドーン。自らスカートを脱いで肌着のホックを外す決意のシーンにドキドキさせられること請け合いです」(映画ライター)

 布団に寝かされた成海は胸を両手でガードしており、バストトップこそ見えないが、その膨らみからすると、推定E~Fカップか。「その真ん中に顔を埋めて、パフパフとその柔らかさと弾力を楽しむ池松が羨ましいばかり。下も脱がされ池松の首に両手を回し初貫通の痛みに耐える不安な表情が、またイヤラしくて(笑)。ゆっくりとオトコの侵入を許し、激しい突き上げに早くも感じ始めてしまう様子も垂涎モノ。映画の終盤には、対面座位で交わりながら甘く濃厚なキスを交わし、艶系男優並みの腰使いで荒々しく貫かれるシーンまでありました」(映画ライター)

 未見の人は、要チェック。大河の成海が、より魅力的に見えてくるはずだ。(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」