芸能

「没後8年」坂口良子、男の手を布団の中の胸に導く“青春の女神”名場面とは

 女優・坂口良子が死去したのは今から8年前、2013年3月27日だった。享年57。直前に重病であることが報じられて、すぐの訃報であった。

 坂口良子の特徴には、時に見せる切なく、哀し気な目があるが、倉本聰原案で坂口が出演したドラマ「前略おふくろ様」(日本テレビ系)=1975年10月~、1976年10月~=に、こんなシーンがある。

 主役の萩原健一扮する料亭の板前・片島三郎は、「サブ」、「サブちゃん」と呼ばれ、山形県上山市蔵王出身という設定。純朴で、母親思いの板前だが、坂口良子扮するかすみはサブと同じ料亭の仲居で、地元・深川の鳶「渡辺組」棟梁(かしら)の一人娘だ。ある日、かすみの父(加藤嘉)が、料亭の花板・秀次(梅宮辰夫)に尋ねる。

「おたくのサブってのは」

「サブはいい奴ですよ」と秀次。そこで、かすみの父は、かすみが熱があり家で一人で寝ているからと伝え、サブに届けさせてくれと、忘れ物をしたような体裁で、秀次にみずからの煙草入れを託すのであった。

 そうとは知らず、渡辺組に煙草入れを届けるサブ。

「ごめんください」

 始めは留守を預かる渡辺組の小頭・半田妻吉(室田日出夫)の母(岡嶋艶子)に玄関で煙草入れを託した形のまま、帰されそうになるサブだが、そこへ、「サブちゃん、サブちゃんじゃないの」と奥からかすみの声。

 家に上がり、部屋に入ると、かすみは布団に寝ている。寝ている下から、サブを見上げる坂口良子の目線が愛おしく、まことにかわいらしい。

 少し、ふっくらしたホオが少女の面影を残している。

ぷぅっと膨らませ、すねた表情が似合いそうだ。

「大丈夫ですか」とサブ。

「ウン」とかすみ。このシーンでも妻吉の母が割って入るような場面があるが、最後はようやく2人きりに。少しのやりとりがあり、帰りしな、布団の脇に座るサブと布団から左手を出し、サブの左手と握手をするかすみ。そこでかすみは驚くべき行動に出る。

 握ったサブの左手を布団に滑り込ませ、みずからの胸に持って行くのである。

 しばしの間があり、布団から出されたサブの左手はかすみのお椀型のバストをかたどったような形に硬直。ここでまたしても、坂口良子の切ない目。

「また、外で会ってね」

 何とも甘酸っぱい、そして、坂口の火照った胸の体温さえ伝わってきそうな名シーンだ。この時に、彼女は“青春の女神”となり、「前略おふくろ様」もこの時、忘れられない伝説の青春ドラマとなったのではないか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
加藤綾子、明石家さんまが明らかにした“多忙は関係ナシ”の超肉食オトコ選び