芸能

明石家さんまが自信喪失!?プロデューサーを激怒させた仰天騒動とは

 明石家さんまが3月6日、MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。かつて同局の警備員に止められたことを明かした。

 以前、米国に旅行中、ティファニーに短パンとTシャツ姿で店を訪れ、知人たちへのプレゼント用い多くの数を買おうとしたところ、警備員4~5人に囲まれたと振り返ったさんま。

「たぶん盗んで逃げると思ったんやな。俺は日焼けすると、前も電気工事のおっさんと間違えられたことがあったり、どうもタレントのオーラの出が薄いんですね」と語り、続けて、その“電気工事のおっさん”に間違えられたときの状況を説明した。

「毎日放送の警備員さんが電気工事の男たちと間違いはったからな。それで大騒動になってしまった。さんま、(村上)ショージ、(間)寛平って、毎日放送に40年、50年通っているんですよ。3人が顔を揃えて『おはようございます』って言ったら、『ご苦労さま、工事ですか』って」と振り返り、「俺は自信なくしたんです。あのときはほんまに俺もまだまだやなって…」と当時の心境を吐露。

 3人は互いに「お前のせいや」と責任をなすりつけ合い笑い話にしたそうだが、それを聞いたプロデューサーが警備員に「失礼なことをした」と激怒したという。

 そのときは寛平が「ハイエースか何かみたいな」車に乗っていたため、寛平は「さんまちゃん、ごめん。車のせいやわ」と、次の週にタレントに見えるいい車を買ったとか。

 有名タレントが警備員に止められたことを明かした例は、2012年、SMAPの京セラドーム公演での中居正広や、17年、東京ガールズコレクションでの菅田将暉など意外に多いが、さんまほどの大物が通い慣れた放送局でも気づかれないことがあったとは驚きだ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
2
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
3
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
4
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
5
「大人の女性」も強調!?松井珠理奈、バス旅での“匂わせ”に視聴者大盛り上がり