スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」/「堅実な走りが魅力」小松崎がV決める

【「GIII宇都宮」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人】

◎小松崎大地/○村上博幸/▲小川真太郎/△神山拓弥/神山雄一郎/岡村潤/柏野智典/渡部幸訓/竹内雄作/杉森輝大/川口聖二/堀内俊介

                 ※

 ゴールするまであきらめないのが追い込み選手。穴を狙うなら3連単の2、3着には押さえておきたい。

 トラック競技支援「GIII宇都宮」(3月19日【金】~21日【日】)は、傑出した存在が見当たらない。好調な2班選手の勝ち上がりもありそうで、波乱含みのシリーズになりそうだ。

 本命には小松崎大地を推す。近況は1着こそ少ないものの、和歌山記念【5】【1】【2】【4】のように堅実な走りで健闘している。今回は細切れ戦濃厚。好位から慌てず仕掛けて突き抜けるとみた。

 村上博幸の強襲が怖い。記念は豊橋7着、奈良6着と決勝戦に乗り、川崎全日本選抜は準決勝戦まで勝ち進んだ。近畿の先行は不在だが、中部ラインの3番手であれば逆転がある。

 あとは、まくり鋭い小川真太郎と、ホームバンクの神山雄一郎の一発を警戒。

 追い込み選手では、柏野智典の戦いぶりに注目している。2班だった昨年8月の名古屋オールスター【3】【3】【1】【8】あたりから好走が続くのは、底力があるから。ラインの3、4番手からでも伸びてくるタテ脚は、直線が長いこの宇都宮バンクに向いている。しかも、ここは小川の番手。印は回らなかったが、3連単の2、3着には押さえておきたい。

 伏兵の一人目は佐々木悠葵(群馬・115期)。昨年11月末に特昇して、すぐにFI決勝戦の常連になり、2月高松記念(【1】【2】【4】【3】)で準決勝進出。その次の高知(【1】【1】【1】)で初優勝を飾った。競走得点は今回の特選シード組に匹敵する。予選を突破すれば、地元勢の先頭を走るのではないか。

 佐々木と同期の脇本勇希(福井)は、偉大な兄の雄太(SS班)の弟子でもある。苦戦が続いていたが、前走の福井(【2】【1】【6】)で初の決勝戦進出を果たした。本格化するのはこれからだ。

 山岸佳太(茨城・107期)は、GIIIを3度優勝。先行力に衰えはなく、1月松山記念(【1】【1】【9】【1】)の3勝は、全てバックを取っていた。ファイナリストに入ってもおかしくない。

「ガールズ」は石井寛子が断然の主役。レース運びにそつがなく、中団まくりで決着をつける。対抗は先行力ある太田美穂。地元の▲梶田舞と△比嘉真梨代は、あっても2着までだろう。

                 ※

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
2
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
3
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
4
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”