芸能

あの素晴らしい〈フォークソング〉をもう一度<山木康世(ふきのとう)「白い冬」>デビュー曲のラジオ初オンエアに万歳三唱

 甲斐バンドやアルフィーのデビューと同じ74年、叙情派フォークデュオの最高峰に「ふきのとう」は位置した。ほぼ全ての作詞作曲を手掛けた山木康世(70)が、名曲の数々を語る。

──70年代の「ふきのとう」は、ライブ本数の多さでも知られていましたが。

山木 最高で年間230~250本はあったんじゃないかな。プロレスの興行並みですよね(笑)。当時の事務所がオファーを全部引き受けるので、今日は大阪、明日は北海道などという強行軍ばかりでしたよ。

──同じ北海道出身で、大学の後輩だった細坪基佳と結成し、74年9月に「白い冬」が発売されました。

山木 吉田拓郎さんの「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、初めてオンエアされたんですよ。僕らスタジオに10人ほどで待機していて、流れた瞬間に万歳三唱しましたね。

──当時のフォークには珍しく、オーケストラやコーラスを駆使した壮大なアレンジが斬新でした。

山木 アレンジの瀬尾一三さんが、ロックのアプローチを含めたアイデアを、試行錯誤して詰め込んでくれた感じでしたね。それは先発の「白い冬」だけでなく、中継ぎの「風来坊」(77年)、締めの「春雷」(79年)にも同じことが言えますね。

──北海道出身は75年に中島みゆき、77年に松山千春がデビューし、ブームの先駆者になっていきましたが。

山木 みゆきは札幌のラジオでも一緒になったりしていたので、僕らが先輩とかそういう意識はなかったですよ。

──先ほども話にあった「風来坊」は、20万枚を売り上げた「白い冬」以来のヒット曲。当時、発売直後に熊本でコンサートを見て、この曲が流れると会場が異様な熱気に包まれたことを覚えています。

山木 そうでしたか。実際、これが売れたおかげで低迷中のコンサートが、またツアーができるまでに回復したんです。さらに、デビュー時に同じ事務所だった海援隊の武田鉄矢さんに「風来坊のような曲を作ってくれ」と頼まれまして。

──それが名曲「思えば遠くへ来たもんだ」ですね。武田鉄矢主演で映画化、古谷一行主演でドラマ化もされました。

山木 詞は武田さんですが、曲ができてデモテープを持って武田さんのアパートを訪ねたんですよ。2人で聴いていたら奥さんが「いい歌ね」とおっしゃって、武田さんと「これで決まり!」と乾杯しました。

──締めとなる「春雷」も根強いファンが多い名曲。

山木 最初は男女の別れをテーマにした歌詞で。ところが、当時のマネージャーに弾き語りで聴かせたら「メロディーは文句なし。でも詞はこれじゃない」と言われて書き直し。僕の中では、札幌にいる母親がガンで死期が迫っていることに頭がいっぱいで、母へのエールというか、歌で恩返しできればという歌詞になったのです。

──初めて出演した「夜のヒットスタジオ」(フジテレビ系)での涙の熱唱も話題になりました。

山木 歌う前に司会の芳村真理さんから、母親の病状のことを振られたんですよ。事務所とも言わない約束だったのに、ここで話題にされて「お袋が見てたらどうするんだ!」と思いました。

──テレビはどうしてもエピソードを欲しがりますから。さて、愛された「ふきのとう」は92年に解散。その後は、ソロで全国をくまなく回っていらっしゃるようですが。

山木 今も年間90本はやっていますね。もともと旅が好きなので、地方でその町のうまいものを食べて飲んで、そのついでに歌っているという感覚で。

──70歳ですから古希を迎えたわけですね。

山木 それで「RAOJIN(老人)」という曲も作りました。自分の趣味のような形で歌っていますから、この年齢でも疲れるということはないですね。

──まだまだ名曲が生まれそうです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
3
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
加藤紀子がお風呂シーンにやる気まんまん!かまいたち濱家が大興奮の艶シーン