女子アナ

フジ井上清華「めざまし」引継ぎで期待!永島超えの“隠れDカップ”サービス

 3月26日放送回で、朝の情報番組「めざましテレビ」(フジテレビ系)のメインキャスターを卒業、有終の美を飾った永島優美アナ。人気アナウンサーの加藤綾子からバトンを渡された当初はいわれのない非難を受けたこともあったが、天真爛漫なキャラクターがお茶の間にウケ、終わってみれば2016年4月から始まった女性メインキャスターとしての在籍期間は5年間と番組史上最長となった。

 その人気ぶりはYouTubeでも窺え、「めざましテレビチャンネル」の昨年12月29日投稿回では、お台場の街並みと青い空をバックに登場した永島アナが、軽快なBGMに乗せセーター越しにもわかる推定Dカップバストを弾ませながらキレキレダンスを披露。再生回数638万回超えは、当チャンネル1番の圧巻の視聴回数を誇っている。

 そんな永島アナは、25日にも〈【永島優美の元気が出るラストダンス】西野カナのHave a nice day踊ってみた〉とタイトルした投稿回でダンスを披露し、映像の合間で永島アナの過去のスタジオシーンが挟まれ、その笑顔に涙を誘われる構成となった。

 一方で気になるのは、永島アナに代わりサブキャスターからメインキャスターへと就任する、井上清華アナのYouTubeへの貢献度だ。

「永島アナのような特技はないと口にしていた井上アナですが、『めざましテレビチャンネル』で以前に投稿された、番組出演者に究極の選択を聞く“本性を暴いてみた”シリーズ動画では、再生回数29万回と永島アナ抜いて堂々の1位。その人気の高さが窺えます。実は井上アナも隠れ爆裂バストの持ち主として有名で、推定Dカップとも言われる。永島アナの後継として、今後YouTubeでもその豊かな胸を活かした動画をアップし、登録者数増に貢献して欲しいものです」(女子アナウオッチャー)

 3月29日からの新体制の放送にも期待したい。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」