芸能

吉岡里帆、「暴れバスト」映像で高まる「綾瀬はるかパイロス」救済の期待感

 3月21日に放送された綾瀬はるか主演のテレビドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」(TBS系)最終回の視聴率が、20.1%だったことがわかった。この数字は、番組最高記録だという。

「『天国と地獄』は、視聴率16.8%でスタートして以降、第5話まで数字が右肩下がりでした。ですが、6話から徐々に数字を上げていくと、第9話で16.5%まで回復。そして最終回では、番組最高となる20%の大台超えとなり、有終の美を飾りました」(テレビ誌記者)

 また今期のドラマといえば、「天国と地獄」の綾瀬や、「青のSP─学校内警察・嶋田隆平─」(フジテレビ系)の真木よう子など、スタイル抜群の女優陣が走り回る際に見せた“暴れバスト”も話題となった。それだけに各ドラマの最終回後には、ネットで「来週からバストの躍動が見られなくなるのは寂しい」「毎週楽しみだったのに」と悲しむ“パイロス”現象が起きている。

 そんな中、視聴者から期待されているのが、4月スタートのドラマ「レンアイ漫画家」(フジ系)でヒロインを務める吉岡里帆だという。

「『レンアイ漫画家』(フジ系)で吉岡は、“ダメ男ホイホイ”と呼ばれる崖っぷちアラサー女子を演じます。すでにフジのYouTubeチャンネルでは、予告映像が公開されているのですが、吉岡ファンの間で『道を歩いているだけで、バストが“バインバイン”と揺れている』と話題になっているんです。さらに予告の終盤では、彼女がバストを揺らしながら全力疾走する様子をスローモーションで捉えているシーンもあり、『レンアイ─』が綾瀬や真木の“パイロス”視聴者を救うのではないかと期待されています」(前出・テレビ誌記者)

 先日は、ファッション誌「ar」で見せたボディライン丸分かりのニットワンピース姿が大きな話題となった吉岡。新ドラマでも、男性視聴者をクギ付けにすることとなりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「日本沈没」最終話を前に視聴者離れが起き始めた“3つの原因”
2
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
後藤真希、写真集オフショット動画に男性スタッフが「布面積が少ない」驚愕!
5
NHK桑子真帆、光沢ブラウスでユサユサ!「バスト強調」加速でフリー転身説が再浮上