スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」/「黄金コンビ」で松浦の連覇濃厚

【「松阪・ウィナーズC」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人】

◎松浦悠士/○平原康多/▲郡司浩平/△浅井康太/佐藤慎太郎/和田健太郎/守澤太志/清水裕友/山田英明/深谷知広/新山響平/松井宏佑

                 ※

 実力者が後位につけてくれるのは、若手の先行選手にとっては名誉なことだ。

 今年のGII初戦、松阪「ウィナーズカップ」(3月25日【木】~28日【日】)は、例年以上に安定した成績を残しているSS班が中心になる。好配当を狙うなら1次予選と後半戦、若手の2班選手になりそうだ。

 本命には昨年(福井)の覇者・松浦悠士を推す。川崎全日本選抜は4着だったが、その前後の記念は勝っている。清水裕友との黄金コンビで連覇濃厚とみた。

 対抗は平原康多。記念は4戦してV3。唯一、準優勝の高松で先着を許したのが松浦だった。好位から先まくりで逆転がある。

 あとは深谷知広に松井宏佑と好目標のある郡司浩平と、地元代表の浅井康太の強襲を押さえておきたい。

 劣勢の北日本勢の中、守澤太志が孤軍奮闘している。今年ここまで4場所全てで決勝戦に進出しているが、いずれも北日本は守澤1車だった。それで全日本選抜3着を筆頭に好走しているのは、SS班の誇りと勝負になるラインにつける嗅覚があるからだ。印は回らなかったが、大舞台に欠かせない名脇役である。

 有力候補の12人からは漏れたが鈴木竜士にも注目。ここ2場所の失格は追い込み選手として戦ったから。勝ち上がれば平原の後位だけに、チャンスはある。

 伏兵は快進撃が続く山口拳矢(岐阜・117期)。前走の大垣117期ルーキーチャンピオンの優勝を含めて今年すでにV3。グランプリを2度制した父、幸二さん(引退)譲りのレースのうまさは新人離れしている。初出走となる特別戦の目標は、予選突破だ。

 上田尭弥(熊本・113期)は、昨年の12月松戸【1】【2】【1】【8】、前走の大垣記念【1】【2】【2】【8】と、GIIIで決勝戦に乗っている。先手を取れば簡単には崩れない。

 上田と同期の眞杉匠(栃木)は、2月高松記念【2】【2】【3】【8】で2次予選と決勝戦の2度、平原(【9】【1】【1】【2】)の前を走った。昨年の親王牌(補充)【1】【2】の再現があれば、高配当は必至だ。

「ガールズケイリンコレクション」は、絶対女王の児玉碧衣が圧巻のパフォーマンスで勝ち切る。2着争いは○高木真備、▲梅川風子、△佐藤水菜で激戦だ。

                 ※

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
浜辺美波、「バスト突起」騒動にフォロワーは「歓喜」より「心配」のワケ
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
5
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”