芸能

鈴木奈々はAカップ寄せすぎポロッと…/芸能界「最新バスト事件」10(1)

 昔は当たり前のようにテレビにお目見えしていた美女の生バスト。だが、今の時代、柔らかな丸みやピンク色の突起を画面で見ることはマレだ。しかしテレビに突発事態はつきもの。ポロっと見えやチラっと見え、時には先端がクッキリ浮かび上がることも…。世の男性にとってうれしい「新・生バスト事件」を10連発─。

「ワタシ、お騒がせセレブでも迷惑系YouTuberでもないよ。流行語大賞も取った健全なタレントなのに‥‥」と言ったうえで、“何回テレビでバストトップを出さなきゃいけないの”と早口で絶叫するのは大人気YouTuber芸人のフワちゃん。2月26日に放送の「グッとラック!」(TBS系)の生放送中に先端がポロっと見え。その「アクシデント」について、自身の「フワちゃんTV」で言及したところによると、何でも、「換気によりスタジオが寒くて」少しでも暖を取ろうとブランケットを胸用肌着型ウエアの中に「仕込んでいた」そうだ。すると、「ブランケットがどんどん下にズレ落ちてきて」ウエアを「ギュ~ッと(下に)引っ張ったら」上からバストトップが「出ちゃいました~!」とのこと。

 天真爛漫なフワちゃんの「バストトップ事故」は、これだけではない。昨年5月25日放送の「アイ・アム・冒険少年」(TBS系)では、水中を潜っているシーンでチューブトップの水着がズレて“先端”が全見えに。収録番組だけに、編集でうまく処理する方法もあったはずだが…。芸能評論家の織田祐二氏によれば、ここまでくるとワザとなのか、というくらい自分のバストトップに自信があるのだろうと指摘する。「写真集を狙っている可能性もありますね」という織田氏は、流行語大賞を取った健全なタレントのマッパ写真集を出せば「大ヒット確実です」とも。

 フワちゃんと同じように生放送中にポロっと見えしたのが「日本一脱げる法学部グラドル」がキャッチフレーズの橋本ひかりである。昨年9月14日放送の「スピードワゴンの月曜The NIGHT」(AbemaTV)でのこと。

「『フリーアイドルに当日オファーをしたら何名来てくれる?』という企画で、ZOOM出演した橋本は、みずからのバストトップの色について『サーモンピンクです』と明言。そして羽織っていたカーディガンを脱ぎ、水着姿を披露するつもりが、水着が大きくズレていて、証言どおり桜色の右バストトップがポロッと見え。これには司会のスピードワゴンの2人も大慌てでした」(アイドル誌ライター)

 生放送で豊かなバストを披露するあたり、さすが日本一脱げるグラドルといったところだが、最近、Cカップにバストアップした鈴木奈々も負けてはいない。

 まだAカップ時代だった18年1月6日に放送された「有吉中継 現場からお伝えします」(関西テレビ)でのことだ。「脇肉キャッチャー」という胸用肌着で夢の渓谷を作り、大阪の商店街から中継する企画だったが、胸を寄せすぎてブラから先端がコンニチハ。前出の織田氏によれば、「基本、見せたガールという趣もあります」から、チラっと見せも「織り込み済みだったのかもしれませんね」とのこと。そうしたノリノリのレポートが評価されたのか、バストアップ肌着の企画などの仕事が舞い込み、“バスト仕事絶賛ゲット中”状態のようだ。

 目標はEカップと話す鈴木が、深~い渓谷を見せてくれる日がくるかも!?

 お次はローラ。「オッケ~!」と舌をペロリ─ではなく、生バストを”ポロっと見え”させたというのは、17年6月のことだった。

「《GYMちこくしちゃう?》という文字とともに、走っている動画をインスタグラムのストーリー機能にアップ。しかし、肌にフィットしたノースリーブの上から茶色のモノがコンニチハするとは、その張りのよさが見て取れます」(織田氏)

 織田氏によれば、「服の中から外に出たくてしかたがない」相当、自己主張の強い爆裂バストに思えたとか…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
2
木村拓哉がウーバー配達員に…「ゴゴスマ」サプライズ出演で大阪府民が大激怒
3
「巨人軍のニセ紳士」坂本勇人の鬼畜スキャンダル「再クローズアップ」の舞台裏
4
局員激白!加藤浩次「スッキリ」が打ち切られる「本当の原因」
5
TBS山形純菜アナ「これはスナックのママでは!?」激変メイクに滲み出る「実は闇キャラ」素顔