芸能

吉岡里帆、“歩くだけで揺れまくるバスト”に「レンアイ漫画家」視聴者が感激!

 4月8日に放送された鈴木亮平主演のテレビドラマ「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)第1話の視聴率が6.5%だったことがわかった。この数字は、初回としては厳しい数字だという。

「昨今、フジの木曜ドラマ枠は視聴率が大苦戦しており、19年の新木優子主演の『モトカレマニア』が平均視聴率4.4%、20年の深田恭子主演『ルパンの娘』も平均視聴率5.7%と厳しい数字を記録しています。今回の『レンアイ漫画家』は、前クールの関ジャニ∞・大倉忠義主演『知ってるワイフ』の初回視聴率6.1%よりは高いものの、内容次第でさらに下げてしまう可能性があるでしょう」(テレビ誌記者)

 そんな「レンアイ漫画家」は、鈴木演じる漫画一筋で恋愛下手なレンアイ漫画家と、吉岡里帆演じる“ダメ男ホイホイ”と呼ばれる崖っぷちアラサー女子・久遠あいこによる不器用な恋を描くラブコメディである。第1話では、主人公が描く漫画のネタのために、久遠が疑似恋愛ミッションに挑むのだが、その際のファッションに大きな注目が集まったという。

「吉岡は劇中にて、エリートサラリーマンを落とすべく、キラキラ系“丸の内OL”のファッションで登場しました。その際、普通に歩いているだけで胸元がプリンのように揺れており、視聴者の間で『“ぷるんぷるん”のバストが凄すぎる!』と大きな話題に。またその後、吉岡演じるヒロインが、なかなか意中の男性を落とせず苦戦するという展開になったため、『吉岡ちゃんみたいに可愛くて最強のバストを持った子が、男に相手にされないわけがない!』『こんな女性とすれ違ったら間違いなく振り返るわ』といったツッコミも入ることとなりました。そんな『レンアイ漫画家』では今後も、吉岡が恋愛ミッションをこなすために様々なキャラに扮していくそうなので、ファンから期待が寄せられています」(前出・テレビ誌記者)

 今年、オリコンの「恋人にしたい有名人」ランキングで第2位に選ばれた吉岡。今後のキャラ扮装次第では、視聴率のアップが期待できるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」