芸能

川口春奈、「思わせぶりな題名」動画に視聴者から“彼女の犬になりたい”の声!?

 女優、川口春奈が、みずからのYouTubeチャンネル〈川口春奈オフィシャル はーちゃんねる〉で、いわゆる“不貞行為”や、“オトコ遊び”ともとれる意味の言葉に続けて〈しちゃった。〉との文言を含むタイトルの動画を投稿していた。

 去る3月31日の投稿回だが、何やら思わせぶりに響く。というのも、川口は、2019年11月に写真誌「FLASH」で総合格闘家の矢地佑介との「お泊りデート」がスクープされ、川口の愛犬、フレンチブルドッグの「アム」とのお散歩写真が掲載されているのだ。となれば、そんな“熱愛”もついに破局を迎えたかと思いったのだが、また違った話だった…。

 東京都あきる野市の「わんダフルネイチャーヴィレッジ」をロケ地に、川口が広告塔を務める「メディキュット」から届いた、はいて歩くだけでエクササイズ効果が期待できるという黒いレギンスを両脚に装着し、大型犬とのお散歩といった内容。

 青空のもと、自然豊かな坂道を、ボーダーコリ─、バーニーズマウンテンドッグ、ジャーマンシェパードドッグ、ゴールデンドゥードル、グレートデーン、グレートピレニーズといった、全部で6種類の大型犬と代わる代わる約1時間余りの散歩を楽しんだ川口は癒やされた表情そのもの。実はタイトルには、冒頭の文言に続けて〈アムごめんね。〉と加えられており、つまりは、愛犬のアムとは別の犬と楽しんだことを詫びた、というタイトルなのである。

〈癒されました。犬好きには堪りません〉〈はーちゃん+ワンちゃんホント癒やされる〉とのコメントから視聴者も癒やされ効果抜群だった様子だが、中には〈川口春奈の犬になりたい〉といった何やら風変わりなコメントも見受けられたのだが、他の投稿回で愛犬「アム」への川口の溺愛ぶりを見る限り、案外同じ感想を抱いた男性諸氏も多かったりして…?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
3
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴