芸能

ニューヨーク、レギュラー殺到の裏で「アッコにおまかせ!」激スベリ事故が物議!

 昨年と一昨年、M-1ファイナリストとなったお笑いコンビ・ニューヨークの勢いが止まらない。彼らはこの春、一気に5本ものレギュラー番組が開始されるという。

「ニューヨークは4月から、冠バラエティ番組『NEWニューヨーク』(テレビ朝日系)がスタートしたほか、指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ『=LOVE』や、ジャニーズグループ『なにわ男子』のアイドルバラエティ番組MCを担当。さらに音楽トーク番組『TALKIN’ ABOUT』(TOKYO MX)のMCと、曜日レギュラーの『ラヴィット!』(TBS系)も加えると、実に5本ものレギュラー番組が始まるのです。そのため、一部からは“ポストかまいたち”との呼び声もあがっています」(テレビ誌記者)

 そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのニューヨークは、お昼のバラエティ番組「アッコにおまかせ!」(TBS系)でも準レギュラーとして出演。しかし4月18日の放送では、コロナ専門家に対する発言がネットで炎上することになったという。

「番組ではコロナの話題が取り上げられ、出演者が、リモートでつながった専門家に様々な質問をしていきました。しかし、その中でニューヨークの屋敷裕政が、『ファーストキスの年齢と場所はどこですか?』とボケを入れた質問をぶつけ、専門家を困惑させる場面があったのです。さらにその後も、相方の嶋佐和也が『先生、足のサイズは(いくつですか)?』とボケ続け、スタジオは静まり返りることに。これには、共演者の和田アキ子や勝俣州和から『(ニューヨークは)東京に来ないで!』『この番組に来ないで!』とツッコミが入り、視聴者からも『マジメな話をしてる時にするボケじゃない』『コロナの先生にくだらない質問しないでほしい』『放送事故のような空気だ』と辛辣な意見が相次ぐこととなりました」(前出・テレビ誌記者)

 ニューヨークとしては、番組を盛り上げたい一心のボケだったのかもしれない。しかし、話題が真面目なコロナ関連だったこともあり、一部視聴者は不快感を抱いたようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】