芸能

水原希子、「ゲス極」ドラマーとの過激「花ビラ舐め」で浮上した“1つの疑問”

 4月15日から、水原希子と人気バンド「ゲスの極み乙女」でドラマーを務める「ほな・いこか」こと、さとうほなみがW主演を務めた映画「彼女」(Netflix)の全世界配信が始まった。配信後、視聴者の間では、同映画で2人が挑んだ過激なラブシーンに注目が集まっている。

「『彼女』は、水原演じるレイが、さとう演じる七恵にDVをする夫を殺害し、2人で逃避行へと走る姿を描いた映画ですが、冒頭からマッパ姿の水原が男の上にまたがり、腰を激しくグラインドさせるなど、地上波では絶対不可能な過激ラブシーンが満載なんです。また後半では、さとうが水原の下の口に指を挿れて、バストの先端を愛撫しながら動かすシーンなどが登場。その際、あまりに激しいさとうの指使いに、水原が『死んじゃう…! 死んじゃう…!』と大声で喘ぐ姿も印象的です」(テレビ誌記者)

 さらに今回、特に視聴者から注目を集めたのが、2人が交代で“下の花ビラ”をたっぷりと愛撫するシーンである。水原の番では、さとうのビッシリと生い茂ったアンダーヘアーに顔を埋めて、“ビチャビチャ”といやらしい音を響かせており、「ここまで描くとはNetflixすごいな」「これこそが愛の形!」とネットで驚きや感涙の声が飛び交った。

 だが、それらの過激な絡みシーンにおいて、一部視聴者からは、ある疑問があがったという。

「さとうは今回、絡みシーン以外のシャワーシーンでも、豊かなバストだけでなく下の毛を惜しげもなく披露しています。その一方で水原は、花ビラを舐められるシーンでも手で隠されて下の部分が一切見えないため、視聴者から『なぜ水原のオケケは映らないのだろう?』といった疑問があがることに。水原といえば、以前からキワドイ下半身の写真をインスタなどでアップしていますが、そこにもまったく毛は写っていません。おそらく彼女はふだんから処理をしており、今回の撮影もツルツルの状態で臨んだことで、直接映すのはNGとなったのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 欧米などでは、多くの女性が下の毛をツルツルにしていると言われる。モデルとして肌見せ撮影も多い水原は、ふだんからきっちり処理しているのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)
4
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
5
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!