芸能

「没後10年」女優・田中好子がラストメッセージでも見せた“寄り添う姿勢”

 女優・田中好子が死去したのは、2011年4月21日。享年55。ガンとの闘病の末の永眠だった。東日本大震災から間もなくのことで、その葬儀で流れた本人の「ラストメッセージ」は、今もなお、耳に残るものだ。

「こんにちは、田中好子です。きょうは3月29日。東日本大震災から2週間経ちました…」

 心残りを隠さずに、「もっと出たかった」「もっと演じたかった」と絞り出すような声に参列者たちの心の中には、映画とテレビの忘れがたいシーンが次々に浮かんだはずだ。

 アイドル時代の田中がメンバーだったったキャンディーズは、当初、スーちゃんこと田中がセンターを務めていた。

「デビュー曲『あなたに夢中』(1973年9月)のレコードジャケットでは、スーちゃんがセンター。パンタロン姿がよく似合っていましたが、この時、左のポジションだったランちゃんこと伊藤蘭が後のキャンディーズのトレードマークとなる超ミニ姿で、ミキこと藤村美樹はショーパン姿でした。『年下の男の子』(75年2月)でランちゃんがメインボーカルとなり、スーちゃんは右、ミキは左のポジションが定位置となったんです」(ベテラン芸能記者)

 伝説のバラエティ番組「みごろ!たべごろ!笑いごろ!!」(76年10月~78年3月/NET系)=現・テレビ朝日系=では、悪ガキの男の子に扮したヅラをかぶり、はち切れんばかりの健康美であった。

 78年にキャンディーズが解散し、田中も「普通の女の子」に戻ったが、80年に芸能界復帰。そして、89年公開の「黒い雨」(監督・今村昌平)で、原爆の悲劇に見舞われた20歳の女性を演じ、この映画で田中は演技派女優の地位を確立した。

「99年公開の『鉄道員(ぽっぽや)』(監督・降旗康男)では、高倉健演じる鉄道員・佐藤乙松に、田中が、『なんぼなんでもひどいっしょ、乙松さん』『乙さん なして、なして泣かないの』と強い視線を送るシーンがありました。妻の臨終に立ち会わぬ鉄道員の寄り添わぬ“冷静”をなじってみせる乙松の同僚の妻役でした。この同僚の妻はコトあるごとに、寡黙すぎる乙松に代わり、乙松の妻を慰め、寄り添うという役どころでした。吹雪く雪空のもとで、田中演じる役柄の優しさが身に沁みましたね」(前出・ベテラン芸能記者)

 思えば、前出の「ラストメッセージ」でも東日本大震災の「被災者の役に立ちたい」と“寄り添う姿勢”を見せた田中であった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
年収5億!?指原莉乃、TV界「若き女帝」が「華麗なる人脈」を作ったテクとは