芸能

黄金の“70年代アイドル”を総直撃<林寛子>キャッチフレーズは「そよ風みたいな女の子」だった

 小泉今日子がリバイバルヒットさせた「素敵なラブリーボーイ」は、もともと林寛子(61)のオリジナルだ。実にこれまで、何万回も歌ってきたという。

──自身がオーナーを務めるカラオケサロン「ラブリー寛寛」は何年目に入りますか。

 07年にオープンして、14年目を迎えました。ただ、現在はコロナ対策でカラオケサロンは休業していて、YouTubeの発信スタジオに使っています。

──さて、子役のデビューも早く、人生のほとんどが芸能生活ですね。

 4歳で児童劇団に入って、本格的にデビューしたのが67年のNHK朝ドラ「旅路」で、当時7歳でしたから。

──週刊アサヒ芸能の男性読者層だと、くノ一のカスミ役を演じた「変身忍者嵐」(72年、NET系)も印象深い。

 なぜか32話までで突然、消えているんですけど(笑)。今でもファンの方に理由を聞かれますが、私もわからなくて。むしろ、役の中で殺されたほうがよかったかもと思います。ただ、原作の石ノ森章太郎先生には、とてもごひいきにしていただきましたね。その前に「仮面ライダー」(71年、NET系)にも出ていますし、主演をやらせていただいた「がんばれ!レッドビッキーズ」(78年、テレビ朝日系)は、先生の絵コンテが完全に私の顔で。ああ、私が主役なんだと絵を見ただけでわかりました。

──そして歌手としては、73年に「君こそスターだ!」(フジテレビ系)で第1回のグランドチャンピオンに輝き、74年に「ほほえみ」でデビュー。

 私のキャッチフレーズって「そよ風みたいな女の子」だったんですよ。それが芸能界に57年もいると、すっかりトルネードを吹かせていますけど(笑)。

──6枚目のシングルが「素敵なラブリーボーイ」(75年)で、自身最大のヒット曲になりました。

 それまで器用だと言われて「どれもこれも歌いこなせちゃう」とスタッフに言われてたんです。私自身はそのつど努力していたのに‥‥。

──それでも、パンチの効いた「素敵なラブリーボーイ」は、見事なマッチングだったと思います。

 そうですね、お店を開いたこともあって、今まで何万回も歌ってきました。1日に4回5回、つまり新しいお客さんが入るたびに、挨拶代わりに歌ってきましたから。

──アイドルの鑑ですね。では、82年に小泉今日子がカバーしたことについては。

 私、長男のおしめを替えている時にテレビから流れてきて、思わず「えーっ、聞いてないよ!」でした。でも、カバー自体は全く違う曲に聞こえるし、あの歌が再び注目されたことには感謝しています。

──さて、先ほどYouTubeの活動について話していましたが。

 もうひとつ、私が毎週月曜にDJを務めている八王子FMさんが開校した「Star Radio Musicボーカル塾」の校長に就任しました。ぜひ、チェックしてくださいね。

──令和の「そよ風みたいな女の子」を発掘してください。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
年収5億!?指原莉乃、TV界「若き女帝」が「華麗なる人脈」を作ったテクとは