社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<加齢黄斑変性症>細かいモノの識別や車の運転が不能に

 高齢化社会の進展とともに増加している目の病気に、「加齢黄斑変性症」がある。欧米では中途失明原因の1位、日本でも4位になるほどの状況を迎えている。

 網膜の中心部の黄斑という組織が、加齢に伴いダメージを受けて見えにくくなる病気だ。「視野の中心部分が見えにくい」「視野の中心部分が暗くなる」「中心が歪んで見える」などの自覚症状があるという。

 代表的な目の病気である白内障の場合は、水晶体再建術という手術で、眼内レンズを入れれば簡単に視力が回復する。しかし「加齢黄斑変性症」の厄介な点は網膜が再生できないことにある。黄斑はモノを見る時に重要な役割を果たす組織。そのため、黄斑に障害が出ると、細かいモノの識別ができなくなる、車の運転ができないなど、日常生活にも支障をきたしてしまうのだ。

 この病気は大別すると「萎縮型」「滲出型」に分類される。前者は黄斑が加齢で萎縮してくる現象で、原因はいまだにわからず、治療法もない。ただし、進行は遅いため、重度の視力障害にはなりにくい。

 後者は網膜の下に新しい血管(新生血管)ができて、黄斑組織内に血液が漏れ出て障害を起こす。進行が早く、視力低下やモノが歪んで見え、中央視野が欠けるなどの症状が発症する。

 新生血管が網膜の中心に及んでいなければ、レーザー光線で焼き潰す方法で進行を止める治療が可能だ。中心窩に及んでしまっている場合は、新生血管を鎮静化させる「抗VEGF薬」や弱いレーザーを照射して新生血管を破壊する「光線力学療法」を用いることになる。

「加齢黄斑変性症」の原因は他にもある。喫煙もリスク大だ。

 この病気は気づいた時には進行していることが多いため、1年に1度は眼科の受診が必要だ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
3
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
4
「ハコヅメ」戸田&永野に負けない魅力!西野七瀬の下半身に視聴者熱狂のワケ
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ