芸能

春の低視聴率女優が「肉弾サービス」で巻き返す(1)石原さとみはポッテリ唇に口紅を3回も

 コロナ禍でステイホームが叫ばれる中、石原さとみや北川景子ら旬の女優をそろえても、どうにも数字が伸びない。1桁台の低視聴率に沈む春ドラマの現場では、人気女優たちがアノ手コノ手の「肉弾サービス」で視聴者やスタッフを魅了。生き残りをかけた巻き返し作戦に肉薄すると‥‥。

「そんなこともうどうでもいいじゃ…んんッ」

 不意打ちのキスで口をふさがれた石原さとみ(34)は驚いた表情でまばたきをするばかり。時間が止まったかのように、2人は唇を重ね合わせたままだ。

「どうでもよくても、どうでもよくない」

 不意にキスを解いた綾野剛(39)はこうささやくと、唇が触れそうな至近距離で視線を絡ませるのだった──。

 これは5月5日に放送された「恋はDeepに」(日本テレビ系)第4話のワンシーン。石原が海をこよなく愛する海洋学者を演じるラブコメディーだ。

「昨年10月の結婚発表後、人妻になって初の連ドラ主演で注目が集まっています。第1話で世帯平均視聴率10.5%と2桁スタートを切りましたが、第2話は8.9%とまさかの1桁。その後は8%台にとどまっている状態です」(テレビ誌記者)

 期待を裏切る結果となったが、勝負はこれからと語るのはドラマ解説者の木村隆志氏だ。

「恋愛ドラマは中盤以降が勝負と言われています。ツンデレの御曹司を演じる綾野剛がデレの部分を出していけば、盛り上がりは必至。第1話でも石原が溺れて意識を失った綾野にキスをするシーンがあり大きな話題になりましたが、今後は不意ではなく、本気のキスシーンに期待が集まりそう。また、石原といえば自分でメイクをすることも多く、美容への意識も高い。ファッション面での注目度を考慮しても、伸びしろはあります」

 よりDeepな接吻に期待が集まる中、ポッテリ唇で視聴者のハートを掴むテクも心得たもので、

「石原さんは台本を読んでから、役に合ったメイクを自分で考えています。今回の撮影もセルフメイクで挑んでいますよ。メイクに関する膨大な知識と技術はプロ級です」(ドラマ関係者)

 4月14日放送の「今夜くらべてみました」(日テレ系)で、石原は自身のメイクについて、

「口紅を3回塗るんです。1回塗ってティッシュオフして、2回塗ってティッシュオフして、3回目で整わせる。そうすると口紅がマスクに付かないんです」

 と“落ちないメイク術”を明かしていた。色艶たっぷりの唇で人妻女優の本領を発揮すれば、数字も落ちることはなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
フジ渡邊渚、「Gカップを机の上に乗せた」ド迫力映像にファン悶絶!
3
浜辺美波、「バスト突起」騒動にフォロワーは「歓喜」より「心配」のワケ
4
阿部華也子、初ドラマの“女教師役”で注目は「Dバスト」より「桃型ヒップ」!?
5
深田恭子⇒比嘉愛未だけじゃない!「歴史的ピンチヒッター女優」驚愕の顔ぶれ