芸能

春の低視聴率女優が「肉弾サービス」で巻き返す(1)石原さとみはポッテリ唇に口紅を3回も

 コロナ禍でステイホームが叫ばれる中、石原さとみや北川景子ら旬の女優をそろえても、どうにも数字が伸びない。1桁台の低視聴率に沈む春ドラマの現場では、人気女優たちがアノ手コノ手の「肉弾サービス」で視聴者やスタッフを魅了。生き残りをかけた巻き返し作戦に肉薄すると‥‥。

「そんなこともうどうでもいいじゃ…んんッ」

 不意打ちのキスで口をふさがれた石原さとみ(34)は驚いた表情でまばたきをするばかり。時間が止まったかのように、2人は唇を重ね合わせたままだ。

「どうでもよくても、どうでもよくない」

 不意にキスを解いた綾野剛(39)はこうささやくと、唇が触れそうな至近距離で視線を絡ませるのだった──。

 これは5月5日に放送された「恋はDeepに」(日本テレビ系)第4話のワンシーン。石原が海をこよなく愛する海洋学者を演じるラブコメディーだ。

「昨年10月の結婚発表後、人妻になって初の連ドラ主演で注目が集まっています。第1話で世帯平均視聴率10.5%と2桁スタートを切りましたが、第2話は8.9%とまさかの1桁。その後は8%台にとどまっている状態です」(テレビ誌記者)

 期待を裏切る結果となったが、勝負はこれからと語るのはドラマ解説者の木村隆志氏だ。

「恋愛ドラマは中盤以降が勝負と言われています。ツンデレの御曹司を演じる綾野剛がデレの部分を出していけば、盛り上がりは必至。第1話でも石原が溺れて意識を失った綾野にキスをするシーンがあり大きな話題になりましたが、今後は不意ではなく、本気のキスシーンに期待が集まりそう。また、石原といえば自分でメイクをすることも多く、美容への意識も高い。ファッション面での注目度を考慮しても、伸びしろはあります」

 よりDeepな接吻に期待が集まる中、ポッテリ唇で視聴者のハートを掴むテクも心得たもので、

「石原さんは台本を読んでから、役に合ったメイクを自分で考えています。今回の撮影もセルフメイクで挑んでいますよ。メイクに関する膨大な知識と技術はプロ級です」(ドラマ関係者)

 4月14日放送の「今夜くらべてみました」(日テレ系)で、石原は自身のメイクについて、

「口紅を3回塗るんです。1回塗ってティッシュオフして、2回塗ってティッシュオフして、3回目で整わせる。そうすると口紅がマスクに付かないんです」

 と“落ちないメイク術”を明かしていた。色艶たっぷりの唇で人妻女優の本領を発揮すれば、数字も落ちることはなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…