芸能

前田敦子、仕事に「ヤル気マンマン」で芸能界隈が警戒する“超肉食”再発動

 女優の前田敦子が、俳優の勝地涼との離婚をインスタで発表したのは、4月23日のことだった。2人は18年7月に結婚、翌年3月には第一子男児が誕生した、いわゆる“デキ婚”だったが、今年1月には早くも協議離婚に入ったことが報じられていたことから、離婚については驚きの声は、ほぼ上がらなかった。

「19年5月には勝地にブチ切れる前田の様子が伝えられ、20年6月には別居報道、同年末には前田が所蔵していた太田プロダクションを退所し個人事務所を立ち上げ、この時点で離婚は秒読みとされていましたからね。原因は育児問題や前田の気難しさ、勝地のDVなどいろいろと伝えられていますが、どっちもどっちで反りが合わなかったということでしょう」(芸能ライター)

 目立ったゴタゴタもなく離婚を経た前田は、ここへ来て芸能活動を一気に活発化させている。

「5月4日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)では高橋みなみ、3月30日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)では板野友美と共演するなど、元AKB48メンバーとのテレビでのコラボにも積極的な姿勢を見せ、4月12日に放送されたフジの月9ドラマ『イチケイのカラス』にゲスト出演するなど、役を選ばずの活動をアピールしています。何より、板野と共演した『ウチのガヤ』で“共演NG”とまで言われていたキンタロー。とも初共演して、ファンも驚かされたのでは」(前出・芸能ライター)

 離婚直前から、バラエティ番組の大食い企画にも果敢に挑戦していた前田。ファンにとってもその活躍ぶりは嬉しい限りだが、一方でこんな話もある。

「バツが一つ付いたとはいえ、前田はまだ29歳の女ざかり。ましてや子供については離婚後も勝地と『力を合わせて育てていきます』とはしていますが、理解ある新たなパパは欲しいところでしょう。そんな彼女の“超肉食ぶり”の再発動を、イケメン俳優を抱える事務所関係者が警戒しているといいます。前田と言えば山本裕典や佐藤健、尾上松也などとの関係が報じられ、もともと恋多き女として有名。共演者食いも辞さない熱しやすいタイプのため、ヘタに手を出され激写などされないよう、早くも通達を出す事務所もあると聞きます」(芸能プロ関係者)

 そんな、あっちゃんの変わらない肉食ぶりを見てみたい気もするが…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!