芸能

ちとせよしの、愛萌なの…再びグラビア界に起こり始めた“バストインフレ”

 最近、グラドル業界で“バストの爆裂化”が進んでいると話題になっている。以前はEやFカップでもかなりのボリュームを感じたものだが、最近ではFやGは当たり前。中にはIカップのグラドルも登場するなど、バストの“インフレ化”が加速している。

「かつてグラビア業界で一世を風靡した“イエローキャブ”のタレント・雛形あきこは、Eカップバストでファンを魅了しました。さらに小池栄子のFカップには日本中の男性が歓喜したものです。しかし、今の時代ではすっかり当たり前になってきましたね。バストの大きさをアピールするなら、最低Gカップはないとバスト好きを完全に満足させることはできないでしょう」(グラビア誌ライター)

 では現在、いったい、どんなグラドルが人気になっているのだろうか。

「100センチHカップを誇っているのは、ちとせよしのです。地元・佐賀の鉄工所に勤めながら応募した雑誌『ヤングアニマル』主催のミスコン『YAグラ姫2019』で編集部特別賞を受賞したのを機に、グラドルに転身。すでに通算10枚超のDVDを発売しており、完熟ボディでファンから熱い支持を集めています。一方、4月にグラビアデビューしたばかりの『愛萌なの』は、弱冠19歳ながら、154センチの身長に99センチIカップというミニマム&ダイナマイトボディ。新体操の経験もあることから、軟体グラドルの新星としても注目を集めていますね。また、台湾出身の人気コスプレイヤー・ヴァネッサ・パンも、86センチGカップで大人気です」(前出・グラビア誌ライター)

 HやIカップの美女となると、以前は漫画やアニメの世界の話だったが、最近では現実世界でも次々に現れ、固定ファンをガッチリつかむようになった。やはり、大きいバストはいつの時代も「正義」なのだ。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋