芸能

やす子 ピン芸人になった理由は「ライブの当日に相方が来なかった」

テリー 結局、部隊には何年いたの?

やす子 2年間です。

テリー 辞めたのは芸人になろうと思ったから?

やす子 でも、部隊を辞めた時は、何も決めてなくて、突然降りてきたと言いますか、ふと辞めようと思いました。

テリー なんで思ったの?

やす子 自分でもわからないです。そんなこと人生で初めてでしたので。でも、ちょうど周りの方から認められ始めた時期で、「このままいったらいい感じになるかな」と。ちょっと波に乗っていた時でした。

テリー なるほど。そういう時にリセットしたくなることってあるもんな。

やす子 そうかもしれないです。それで東京に来て、官公庁などの清掃員を半年ぐらいやっていたんですけど、自衛隊時代から付き合いのあった千葉に住んでいる友達から「ちょっと漫才をしたい」と言われまして。それで芸人になることにしました。

テリー もともとお笑いは好きだったの?

やす子 いえ。実はテレビをほとんど見たことがなくて、芸人さんも爆笑問題さんとかダウンタウンさんぐらいしか知らなかったです。

テリー そうすると、普通は「芸人なんかできないよ」って断るじゃない。

やす子 はいー。でも、まったく何も考えずに「コンビを組むのはいいよ」と答えてしまいまして。それで、いろいろな事務所に履歴書を送ったら、その日のうちに連絡が来たのが、今所属しているソニー・ミュージック(アーティスツ)で。面接に行ったら、その日のうちに所属になりました。

テリー えっ、そんなことってある?

やす子 はいー。ソニー・ミュージックは芸人の墓場と言われてまして、他の事務所でちょっとやらかして、クビになった人とかが入ってくるんです。

テリー だって、バイきんぐとかハリウッドザコシショウとか、人気者もたくさん所属してるじゃない。

やす子 でも、その友達は欽ちゃんがいる浅井企画とかサンドウィッチマンさんがいるグレープカンパニーがよかったって言ってました。はいー。

テリー その時はどんなお笑いをやってたの?

やす子 友達はお笑いはやりたいけど、ネタが作れないということで、私が漫才を書いてました。

テリー ええっ? 爆笑問題とダウンタウンしか知らなくて漫才が書けたの?

やす子 はいー。おもしろいと思ったことを会話したらいいんじゃないかと思ったので。普通にしりとりを始めるんですけど、それがどんどん崩れていくとか、日常から少しズレていくような漫才を書いてました。

テリー へぇ~、すごいじゃん。でも今はピンだよね。それはどうして?

やす子 事務所が決まって1週間後ぐらいに、事務所のライブがあるから出ろって言われまして、ネタを作って練習してたんですけど、当日に相方が来なかったんです。

テリー ええっ!?

やす子 ライブの2日ぐらい前から「ちょっと体調が悪い」とか、連絡が取りづらくなって、嫌な予感はしてたんですけど。

テリー 予兆があったんだ。

やす子 はいー。だから来ない可能性もあると思って、しゃもじや卓球のラケットや、家にあるものをカバンに詰め込んで行きまして。「新人類」というコンビ名で登録してたんですけど、急きょ本名の「安井かのん」から「やす子」という名前にして、ライブに出ました。

テリー 出ないって選択肢はなかったの?

やす子 ほんとはもうその日のうちに芸人を辞めようと思ってたんですけど、それから1年半ぐらい、ずっと続けてる状態です。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し