スポーツ

岡本和真は“壁”乗り越え「真の4番」に…!高橋由伸・元巨人監督が動画激励

 巨人で活躍した元プロ野球選手・高橋由伸氏は、ルーキーイヤーの1998年から3桁の140安打。2ケタの19本塁打を放ち、打率「.300」の活躍して以降、3ケタ安打は7年連続、2ケタ本塁打は11年連続を記録するなど、名プレイヤーであるとともに、2016年から3年間、巨人で監督も務めている。2位、4位、3位と優勝を逃し、高橋氏にとって本意な成績は残せなかったかもしれないが、巨人の若き主砲、岡本和真を育て、残しているのは大きな功績であろう。

 岡本は、高橋が監督として最後の年となった18年にレギュラーとして定着し、167安打、33本塁打、100打点、打率も「.309」と初の3割に乗せている。19年には31本塁打、20年もコロナ禍によりゲーム数が少ない状況下で同じく31本塁打を放ち、本塁打と打点の2冠を獲得。しかし、昨シーズンの初アーチが3試合目だったのに比較して、今季初アーチは15試合目と遅い出足、開幕苦しんだ印象の岡本なのだが…。

 そんな中、巨人のYouTubeチャンネル〈読売ジャイアンツ〉の、6月14日付け投稿回〈高橋由伸がユニホーム時代を振り返る!全国の巨人ファンへの想い〉に、高橋氏が出演。インタビュアーから、その岡本の調子について問われると、「逆に、ここまで順調に来すぎたのかなと…スランプもなく。やっと良い意味で壁に当たってくれたのかなと思ってます」と楽観した様子。「本当の4番バッター、チームの顔になるためには、ここは個々の力で乗り越えるしかないと思うので、ここを乗り越えれば、真の4番にね…」と、高橋氏の現役時代の4番バッター・松井秀喜氏にも「近づけるのではないか」と力強く語ったのである。

 岡本は15日現在で、19本塁打を放ち、ヤクルトの村上宗隆に次ぐリーグ2位、打点においてはリーグトップと、2年連続の2冠王が視野に入っている。これをスランプと言うのではあれば、乗り越えた先には松井氏をも凌ぐ底なしの強さが待っているかもしれない…?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日