芸能

川本真琴「また追い込まれてる?」指摘を呼んだ“懐かしい”評価への過敏反応

 シンガーソングライターの川本真琴が6月14日、ツイッターを更新。発信された“怒りの声”が物議を醸している。

 川本はこの日、突如として「勝手に懐かしがるのやめてほしい! 私は2021年を普通に音楽活動してるし。その人達が知らんだけでず~っとやっとるがな。懐かしい人とか言われるのほんと失礼!嫌い!」と激怒の胸の内を明かした。これにはファンから《そんなの気にしないで!》《ホント失礼だと思う。もっと言ってやれ》《懐かしいとか言う人は勝手に離れていった人。そんな評価をする権利はない》など、同調する声が多く上がったのだが…。

「一方では、《なんでそんなにネガティブ? 楽曲が人の心に残っているってことだから誇るべきでは》《誰?って言われるより全然マシだろ》《いやいや人が懐かしがるの勝手だろ》《今も活動していて「懐かしの」的な番組で出てくれるアーティストに対して失礼》と、批判的な声が噴出しました。そのためか川本は16日、改めてツイッターで『懐かしいって思うのは自由だしそれは否定してない。昔の曲を好きと言われるのも嫌じゃないです』とし、『「昔の人」「懐かしい人」という書かれ方が嫌なだけ。だって自分が他人にそう言われてたり書かれたら嫌じゃない?笑 そういわれないためにも、とにかく本気でやる!そして100%楽しむ』と、最初からは少々トーンダウンした内容の投稿をしていましたね」(ネットウオッチャー)

 川本はこのコロナ期間中も無観客生配信ライブを行い、先ごろその編集映像がYouTubeで配信開始されるなど、アーティスト活動を精力的に続けていることは事実。

「ただ、世間的に目立った活躍を見せていたのは2000年初頭までで、以降はヒット曲がないのも事実。最近で注目を集めた話題と言えば、16年、先日結婚した狩野英孝を巡って『私の彼氏をとらないでください』などとツイートし、様々な憶測を呼ぶ騒動を巻き起こしたこと程度です。“懐かしい”と思われることへのイラ立ちは理解できる面もありますが、今回は過敏な発言をしたことで、むしろ“また追い込まれてる?”との印象も与えてしまったようですね」(芸能ライター)

 評価が気に食わないのであれば、それをバネにして世間を見返すしかない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
きゃりーぱみゅぱみゅ、ファンも騒然「顔変化」に飛び交う憶測