スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」/清水が断然の主役で対抗は山田の底力

【「久留米記念」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人!】

◎清水裕友/○山田英明/▲野口裕史/△野原雅也/佐藤慎太郎/森田優弥/渡部哲男/田中誠/稲川翔/岩本俊介/吉田拓矢/取鳥雄吾

 叩き合いになっても主導権を取ろうとするのは、先行選手の本能である。

 前半戦最後のグレード戦となる「久留米記念」(6月26日【土】~29日【火】)。徹底先行が売りの若手機動型がそろい、残り1周半の打鐘から、出入りの激しいスピード戦となるのは必至。直線は脚を温存した差し・追い込み勢による差し比べになるとみた。

 SS班3年目の清水裕友が断然の主役を務める。まだ26歳だが、ヨコにも強い自在脚は、ベテラン選手を思わせる。取鳥雄吾との前後は微妙も、展開を冷静に読んで抜け出し、今年の記念初優勝を飾る。

 対抗は山田英明。GI制覇にあと一歩まで迫りながら戴冠できずにいるが、その底力は誰もが認めているところ。清水の番手にハマるようなら逆転もある。

 あとは、主導権を取れば粘る野口裕史と、好調な野原雅也の台頭か。

 有力候補に入らなかったが、地元の野田源一も怖い存在。単騎になってでもまくり一本にかける戦いぶりは、職人を彷彿とさせる。大駆けがあってもおかしくない。

 今年、FIでも優勝していない吉田拓矢には喝を入れたい。清水より早くに頭角を現し、関東の期待の星でもあった。119期で有望視される弟の有希がまもなくデビュー。うかうかしてはいられないはずだ。

 伏兵の1人目は眞杉匠(栃木・113期)。伏兵として過去に何度か注目してきたが、今回が最後になるかもしれない。京王閣ダービー(【2】【1】【2】【8】)で大活躍したからではなく、その積極性が大バケを予感させるからだ。7月からは1班。ファイナルで先行争いの激流に加わる雄姿が見られる日も近いか。

 門田凌(愛媛・111期)は、GIIIでの好走が目立つ。1月松山と4月奈良の両記念、そして前走のトラック競技支援松山(【1】【1】【8】【1】)は、全て準決勝に乗っている。戦闘力は高く、ここも四国の先頭で押し切りを狙う。

 九州の追い込み勢から頼りにされるのが原口昌平(福岡・107期)。3月GIII広島(【2】【9】【2】【9】)での2着2回は、九州の番手選手の勝利に貢献した。初日は1、2着で。

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった