スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」/清水が断然の主役で対抗は山田の底力

【「久留米記念」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人!】

◎清水裕友/○山田英明/▲野口裕史/△野原雅也/佐藤慎太郎/森田優弥/渡部哲男/田中誠/稲川翔/岩本俊介/吉田拓矢/取鳥雄吾

 叩き合いになっても主導権を取ろうとするのは、先行選手の本能である。

 前半戦最後のグレード戦となる「久留米記念」(6月26日【土】~29日【火】)。徹底先行が売りの若手機動型がそろい、残り1周半の打鐘から、出入りの激しいスピード戦となるのは必至。直線は脚を温存した差し・追い込み勢による差し比べになるとみた。

 SS班3年目の清水裕友が断然の主役を務める。まだ26歳だが、ヨコにも強い自在脚は、ベテラン選手を思わせる。取鳥雄吾との前後は微妙も、展開を冷静に読んで抜け出し、今年の記念初優勝を飾る。

 対抗は山田英明。GI制覇にあと一歩まで迫りながら戴冠できずにいるが、その底力は誰もが認めているところ。清水の番手にハマるようなら逆転もある。

 あとは、主導権を取れば粘る野口裕史と、好調な野原雅也の台頭か。

 有力候補に入らなかったが、地元の野田源一も怖い存在。単騎になってでもまくり一本にかける戦いぶりは、職人を彷彿とさせる。大駆けがあってもおかしくない。

 今年、FIでも優勝していない吉田拓矢には喝を入れたい。清水より早くに頭角を現し、関東の期待の星でもあった。119期で有望視される弟の有希がまもなくデビュー。うかうかしてはいられないはずだ。

 伏兵の1人目は眞杉匠(栃木・113期)。伏兵として過去に何度か注目してきたが、今回が最後になるかもしれない。京王閣ダービー(【2】【1】【2】【8】)で大活躍したからではなく、その積極性が大バケを予感させるからだ。7月からは1班。ファイナルで先行争いの激流に加わる雄姿が見られる日も近いか。

 門田凌(愛媛・111期)は、GIIIでの好走が目立つ。1月松山と4月奈良の両記念、そして前走のトラック競技支援松山(【1】【1】【8】【1】)は、全て準決勝に乗っている。戦闘力は高く、ここも四国の先頭で押し切りを狙う。

 九州の追い込み勢から頼りにされるのが原口昌平(福岡・107期)。3月GIII広島(【2】【9】【2】【9】)での2着2回は、九州の番手選手の勝利に貢献した。初日は1、2着で。

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」