芸能

山口智子の“ポッチ”、壇蜜が手で隠しつつ悶絶/世紀の「バスト事件」(終)ドラマ・バラエティ篇

 テレビは「想定外」の部分にこそ楽しみがある。ドラマやバラエティ番組で、放送事故寸前まで世間を震わせたエピソードを、丹念に拾い上げてみよう。

 まずはドラマ部門から。今なお再放送もソフト化もなく、至宝映像の決定版と呼べるのが「悪魔のKISS」(93年、フジテレビ系)で常盤貴子が魅せたワンシーンだ。芸能評論家の織田祐二氏によれば、第3話でカード地獄に陥った女子大生・茉莉子(常盤)は、性サービス嬢になって「惜しげもなく」ロケットバストを披露。「客役の寺脇康文に胸を揉みしだかれます」と振り返る。何でも、寺脇もノー肌着で来るとは思わなかったと驚いたようだとか。当時、常盤はインタビューで「茉莉子の役は誇りに思ってます」と意味深に語っている。実際、それまで無名だった常盤は一躍、注目の女優となった。本作は演出が厳しい監督だったようで、根性をバストトップで表したとも言われている。

 今や地上波のドラマでマッパシーンは絶滅危惧種となったが、その最後の一矢と呼べるほど過激だったのが「失楽園」(97年、日本テレビ系)だ。

 川島なお美(享年54)と古谷一行の愛欲シーンは、最高視聴率27.3%の原動力となり、最終回では「合体したまま毒ワインで昇天」という禁断のシーンに。絶命する瞬間、川島のバストトップがピンと勃っていたというのも女優根性か。さらに「前張りはしません」の決意で撮影を敢行したことも評価された。

 遠藤憲一の初主演ドラマ「湯けむりスナイパー」(09年、テレビ東京系)では、ひなびた温泉宿が舞台である。第6話「お忍び旅行」では、有名俳優と不貞相手(@YOU)が野天風呂で一戦を交えている。この場面は、深夜ドラマとはいえ、ほぼ完全に「バックから合体」している姿がオンエア。女優の爆裂バストが揺れまくり、悩ましい声を上げ、まるで艶系ビデオのワンシーンを見るようであった。演出はのちに「モテキ」(11年、東宝)で大ヒットを飛ばす大根仁氏だが、さすが長澤まさみの胸揉みシーンを実現させた人物だけのことはある。

「14年に壇蜜の初主演ドラマとなった『アラサーちゃん』(テレ東系)は、サブタイトルに『無修正』の文字が入っただけあって、かなりの問題作」と織田氏。織田氏によれば、手で胸を隠しながら、艶系ビデオさながらの激しい馬乗り合体でファックで悶絶し、かなりの話題になったという。放送コードの限界に挑んだ名場面と言えよう。

 ここからバラエティに目を転じれば、フジテレビ土曜8時の看板だった「めちゃ×2イケてるッ!」(96~18年)の人気コーナー「爆烈お父さん」では、加藤浩次がアイドルや女子アナをジャイアントスイングでブン回す荒業を見せた。

 このコーナーで最大級のアクシデントを起こしたのが、「パイレーツ」でブレイクした西本はるかだった。もともと胸元が開いた衣装だったが、加藤の激しい回転が加わって「バストトップが見えたんじゃ…」と、視聴者をザワつかせる大騒動になった。

 グラドルという言葉を世に広めた優香は、デビューした98年に初めて激艶な“洗礼”を受けた。ビートたけし司会の人気番組「スーパージョッキー」(日テレ系)の1コマである。「水着に生着替えをして入る『熱湯コマーシャル』が人気でしたが」と振り返る織田氏に寄れば、何と、優香は司会の山田まりやに触られ、バストの洗い方の実演までさせられて「7分もの間、胸プルプルの状態」だったという。

「最初から水着なのに別の水着に生着替えさせられるという演出だった。日曜の昼間から当時17歳の女子高生だった優香をここまでイジるのだから、いい時代でしたね」(織田氏)

 意外なところでは、女優の山口智子がひと肌脱いだことも。自身の企画・出演・プロデュースによる「手わざの細道」(07年、テレ東系)では、織田氏によると、“ノー肌着主義”と言われる山口が、番組で着用していた薄手のタンクトップ越しに、バストトップの“胸ポッチ”が「画面にはっきりと映りました」というような場面があったのだとか。どこかで映像を探してみてはいかが?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
5
「落合さんの言うことを聞いておけば良かった」あの日ハムOBが動画で“猛省”