社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<AGE(終末糖化産物)>早食い大食い絶対NG。体内に「焦げ」ができる

「いつまでも若々しくいたい」「老けたくない」──老化防止は人類の永遠のテーマだが、そのポイントとして注目されているのが、老化物質「AGE(終末糖化産物)」だ。

 これは、タンパク質の糖化反応によって作られる生成物。簡単に言えば、加齢とは体にできる「焦げ」のようなもので、いったん体内でできてしまうと、元には戻らない。体内で作られるものと、食品など体外から取り込まれる2種類がある。食品中に含まれるAGEのうち7%が体内に取り込まれている。

「AGE」は体内のあらゆる臓器で作られ、長い年月をかけて蓄積される。加齢と言われる現象のうち、肌のしわやシミ、動脈硬化、ガン、アルツハイマー病などの原因になるとも言われている。

 抑制のポイントは食事だ。血糖値を急激に上昇させると体の中で「AGE」が形成されやすくなるため、早食いや大食いは厳禁。食べる順番も大切だ。最初に野菜、最後にご飯などの糖質を摂り、夜8時以降の食事も控えたほうがいいだろう。

 焼く、揚げる、炒めるなど、強火で加熱した調理法は「AGE」が含まれやすい。そのため、「ゆでる」「蒸す」のがおすすめ。これは、糖とタンパク質の間に水が入り込み、糖化反応が起こりにくくなるためだ。

 食材は、ほうれんそう、トマト、インゲン、ブロッコリーなどの緑黄色野菜のほか、ブルーベリーなどのベリー類。ヒジキやワカメなどの海藻類、まいたけなどのきのこ類がおすすめ。納豆などのネバネバ食品も食物繊維が豊富なので有効だ。

 自分の「AGE」を知るには「AGEリーダー」が便利である。これは、利き手をのせると約15秒で、体内に蓄積された量を測定できる機械。インターネットで「AGEリーダー導入施設」とキーワードを入れれば、近くで導入されている施設が検索できるので、探してみるといい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク