芸能

マリエ 実母の出馬取りやめで“紳助の余罪”を徹底追及

 今年4月、モデルのマリエ(34)がぶちまけた前代未聞の「枕営業告発」。自身のインスタライブにおいて、「18歳の頃、番組の打ち上げの席で島田紳助(65)に身体の関係を求められた」

「同席した出川哲朗(57)からも『いいじゃん。紳助さんとやりなよ』と煽られた」

 などと暴露したのだ。

 この動画がネット上で拡散されたことで、紳助と出川への猛バッシングが巻き起こった。出川は事務所を通じて否定するだけでは足りず、5月13日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)でも「僕は100%言ってません」「交通事故も交通事故」と完全否定し、真っ向から両者の言い分が対立する事態となっている。

 衝撃の告発から3カ月。沈黙に入ったマリエだが、その裏には切実な事情があった。芸能関係者が明かす。

「当初は今年5月に暴露本を刊行する段取りだったのですが、立ち消えになってしまった。出川が猛反論したことで、出版社が訴訟リスクを恐れたとも言われていますが、そもそもマリエ本人にも動くに動けない事情があったんです」

 その事情とは、実母の政界進出だ。

「彼女の母親である玉木真理氏は地域政党『減税とうきょう』の副代表として、7月4日投開票の東京都議選への出馬を準備していた。選挙活動が本格化するにつれ、マリエの枕営業の告発について『母親の票集めが目的だったのでは』と勘繰る声が相次ぎました」(前出・芸能関係者)

 こうして沈黙を強いられることになったマリエだが、状況は一変した。

「6月25日の告示日を前に、母親が出馬取りやめを決めた。政治への情熱は変わらないものの、決死の告発を行った娘が世間から選挙の道具呼ばわりされることに、耐えられなくなったのが理由とみられています」(前出・芸能関係者)

 都議選が幕を閉じた今、マリエの戦闘モードに再び、GOサインが点滅し始めた。

「今もマリエは周囲に『紳助さんには数え切れない余罪がある』と言い切り『知っている限り“クロの男性芸能人”の実名を出す』『徹底追及するのは私の使命』とさらなる爆弾投下を予告している。芸能界で枕営業の被害に遭う女性を救うための手段として、告発ヌードまで視野に入れているんです」(前出・芸能関係者)

 因習打破に向けた告発劇の行方に注目したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【球界爆笑秘話】ボールがアレに当たって悶絶する捕手に長嶋茂雄が放った「まさかのオヤジギャグ」
2
事務所が猛抗議!「星野源W不倫10億円もみ消し」仰天暴露投稿に挙がった「NHK美女アナ」の名前
3
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン
4
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
5
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから