芸能

鈴木保奈美が電撃離婚で再解禁する「ワインレッド突起」の艶熱(1)石橋貴明が織田裕二への嫉妬を丸出しに

「私の部屋がないの」──。大豪邸に住みながら、プライベートな空間すら与えられなかったという大女優。仕事にアレコレと口を挟む夫から離れ、22年半ぶりに独身に戻れば、身も心も開放的に‥‥。「ラブ・ストーリーは突然に」を地で行く五十路女優の艶熟な一糸まとわぬ姿が今、解禁されようとしている。

「会うたびに話すのは家族のことばかりだったので、家庭円満だと思っていました。まさか、別れるなんて‥‥」

 と、アッケに取られた表情で語るのは、女優の鈴木保奈美(54)が通う都内トレーニングジムの常連客だ。

 保奈美といえば去る7月16日、ユーチューブチャンネル「貴ちゃんねるず」で、とんねるずの石橋貴明(59)との離婚を電撃発表。「石橋貴明 鈴木保奈美から大切なお知らせ」と題した動画に登場し、98年の“できちゃった再婚”から22年半続いた夫婦生活に終止符を打った。芸能ジャーナリストの佐々木博之氏が語る。

「白抜き文字で書かれたテキストをスライドショー形式で流す簡素な内容でした。離婚しても、事務所の代表と所属俳優としての関係性を継続。離婚の理由も『子育てがひと段落した事』と説明するだけで、ことさら『円満離婚』を強調していたのが印象的でした。その割に、動画の途中に挿入されたツーショット写真の2人は、完全に真逆の表情をしていましたけどね」

 真顔の石橋と対照的にニッコリ笑顔の保奈美。そこには、相反する2人の意思が見え隠れしているという。芸能関係者が解説する。

「離婚は保奈美のたっての希望。数年前から話し合いが行われていたそうです。対する石橋は頑として別れたくなかったようですが、そんな思いをよそに、保奈美は昨年の7月に個人事務所を設立し、9月には都内の3億円マンションを個人名義で購入するなど、独り立ちの準備を着々と進めていました。結果、本気のリコカツを悟った石橋が根負けしてしまった。石橋の事務所に籍を残したのは形だけで、今後は個人事務所を窓口にして仕事をする意向だといいます」

 そもそも夫婦不和の発端は、保奈美がNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」で女優復帰を果たした11年にまでさかのぼる。

「石橋は保奈美が外で働くことに反対していました。当時小学生だった娘たちの子育てに全集中してほしかったようです。そのため、『深夜の撮影禁止』『撮影が終わったらすぐ帰宅』などのルールが課せられ、『共演者と必要以上に仲良くしない』とのお達しも‥‥。おのずと、スタッフや共演者からも必要以上に気を遣われるようになり、保奈美はかなり窮屈がっていたようです」(芸能関係者)

 がんじがらめの“石橋ルール”は娘たちが手間のかからない年齢に成長しても撤廃されなかったようで、

「18年に月9ドラマ『SUITS』(フジテレビ系)で『東京ラブストーリー』(フジ系)以来、27年ぶりに織田裕二(53)と共演した時は神経をすり減らしましたよ。とにかくタカさんが織田さんに嫉妬心丸出しだった。局の上層部から、番宣やインタビューで、当時の撮影秘話や2人の関係性を話題にするのを控えるように指示が入ったほどです。保奈美さんは撮影が終わると、足早に帰宅するのが常でした」(フジテレビ関係者)

 離婚して旦那という名の足カセから解放され、もはや保奈美をつなぎとめる鎖はどこにもない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人