女子アナ

フジ渡邊渚は寝そべっても型崩れなし!/女子アナ「艶金メダル争い」中継(1)

 紆余曲折を経て開催された東京オリンピックよりも熾烈戦いを繰り広げているのが、女子アナ総当たり「艶金メダル争い」だ。なにしろ、1000倍以上の難関を勝ち抜いてきたエリートたちが頂点を目指してきただけに、そのボディも半端ではない。果たして、栄冠は誰の手に。3部門+団体戦の結果を一挙公開しよう。

 まずは、女子アナならまず目が行ってしまう「ロケットバスト」部門から。近年一段と爆裂バスト化が進むだけに、かなりの接戦が予想されたが…。

 一気に、胸囲の…いや、驚異のポテンシャルを発揮して並み居る強豪をゴボウ抜きしているのが、Gカップバストで知られるフジテレビ・渡邊渚アナ。テレビスタッフが手放しで賛辞を送る。

「バストの大きさだけなら彼女と同等の女子アナもいるかもしれませんが、質感の良さが、画面からも一目瞭然。その質量ともに唯一無二の存在なんです」

 そんな渡邊アナがロケットバストぶりをこれでもかと見せつけたのは、6月21日放送「めざましテレビ」での一コマだった。

「夏の夜中に重宝する『冷却シーツ』の質感を比較する企画で渡邊アナがベッドに横たわったところ、巨大なバストが一切型崩れせず、天井に向けてそびえ立っていて、今にも発射寸前でしたよ(笑)。シーツよりもバストの質感が気になって仕方ありませんでした」(前出・テレビスタッフ)

 ロケット“アクシデント”からわずか1カ月余り。この間にも渡邊アナのボディは進化を続けている。まさにゴボウ抜きで、このまま女子アナ爆裂バストレコードの新記録を樹立しかねない勢いなのだ。フジ関係者も驚きを隠さない。

「渡邊アナは慶應義塾大学在学中の4年前に『全力坂』(テレビ朝日系)で坂道を疾走して美バスト揺れを披露していましたが、当時と比べても、サイズ・ハリ・弾力いずれも劇的に進化している。いまだに身長も伸びていて、本人いわく『まだ成長期なんです』とのことなんですよ」

 まだまだ伸びしろ十分なのだ。金メダル最有力と思われる渡邊アナを真っ向から迎え撃つのが、テレビ朝日の「最も大胆な女子アナ」三谷紬アナだ。テレ朝関係者がズバリ指摘する。

「テレ朝公式YouTubeでのダイエット企画では、胸元を大きく開けて巨胸を揺らすスポーツウエア姿や『相撲ヨガ』による大開脚を披露していますが、こうした女子アナらしからぬ肌見せは『見られることを恥ずかしいとは思わない』という彼女自身の発案なんです。入社当時、彼女のバストサイズはFカップと目されていましたが、現在はHカップに急拡大。ダイエット企画により全身が引き締まった上、『よく食べよく寝る生活』で胸元のボリュームが増大しているんです」

 ダイエットをして、よりスレンダーになっただけに、バストの上向き加減がますます強調される緊急事態に。僅差ならバストのトップの高さで、金メダルのテープを切るのは三谷アナになりそうだ。

 一方、ダークホースとして急きょ、代表入りしたのが、ベテラン勢の誉れ高いテレビ東京の繁田美貴アナだろう。ここにきてアラフォーでの「ベストタイム達成」を連発。かつての隠れ巨胸から「隠しきれないほどの軟らかバスト」にスケールアップしているのだ。興奮した構成作家がまくしたてる。

「これまではあまり繁田アナに巨胸イメージはなかったものの、今年の産休明けから現場で巨胸ぶりが話題になっている。彼女は一昨年末の出産を経て、今年1月放送の『ワタシが日本に住む理由』(BSテレ東)で産休から復帰したのですが、“横バスト”カットからはバストサイズ向上が明らか。彼女は和室で椅子に座りインタビューをするのですが、横からの映像を見るとバストのインパクトが激増している。一回り以上大きくなり、今ではEカップはあるかと思います」

 こうした金メダル候補の猛追を受けて立つのは「元女王」の貫禄さえ漂わせてきた鷲見玲奈だ。一時の“ドーピング騒動”からの完全復活を目指すが…。

「昨年、元交際相手が週刊誌上で『彼女は胸にパッドを入れていた』と暴露。一時は、肌見せ戦線から撤退するかにみられましたが、8月発売の初写真集『すみにおけない』では偽りようのない“巨大ナマ渓谷”を披露。週4で『全身のパーツが柔らかくなるヨガ』に取り組んでいて、バストの柔らかさも向上しています」(前出・構成作家)

 果たして「ロケット乳選手権」の覇者は─。

 女子アナ評論家・春山マサハル氏がジャッジする。

「文句なしに今の実力で、堂々の金メダルは渡邊アナです。『触りたくなる質感』による芸術点も加算されて『女子アナ界新記録』での優勝です。銀メダルはさすがの実力を発揮した鷲見でしょう。ガッツが光る三谷アナが銅メダルですね」

 ぶっちぎりの新記録で巨胸界に新星が誕生した瞬間だった。

【ロケットバスト部門】

金:渡邊渚(フジ)/銀:鷲見玲奈(フリー)/銅:三谷紬(テレ朝)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
4
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク
5
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ