芸能

ツイッターに続いてフェイスブック閉鎖を決めたICONIQ、そのわけは?

 歌手で女優のICONIQ(29)がフェイスブック閉鎖を発表した。誹謗中傷や脅迫メールにほとほと疲れ果てたのだという。

 閉鎖を発表したフェイスブックの中で、ICONIQは、

「本当に悲しいとしか言えません。FBはこんなことのために、やり始めたわけじゃなかった。私に抱く感情はそれぞれだと思いますし、お叱りや、厳しいお言葉を頂くのは有り難く、そして当然のことだと理解できます」

 とした上で、

「ただ、理解不能な誹謗中傷や脅迫メールを送られ続け、関係のない方まで巻き込んでしまっていることにとても胸が痛いです 何度も何度も考え、これ以上FBを続ける事は不可能だと判断しました」

 と、閉鎖に至る断腸の思いを赤裸々に綴っている。

「ICONIQは一昨年9月にフェイスブックを始めました。日々の生活や仕事への思いなどを真面目に語っていて、男性ファンを中心ににぎわっていました。フェイスブックは友達認証をしないとコメントが書き込めない。だからお互いの仲間意識が強く、和気あいあいとやってたんです。それが写真週刊誌にGACKTとのアツアツデート写真を撮られた昨年6月以降、中傷メールが舞い込むようになった。いったん友達になった人が豹変、牙をむいて襲い掛かってきたわけだから、二重にショックですよ。それで12月8日に大阪で行われる出演舞台『メリリー・ウィー・ロール・アロング~それでも僕らは前へ進む~』の千秋楽を最後に終了するそうです」(芸能ライター) 

 フェイスブックの前はツイッターでファンと交流していたが、そこでも更新をストップして呟きを全削除、放置する羽目に陥っている。

「2010年に韓国人サッカー選手の李忠成選手との熱愛が発覚したんですが、その時は認めなかった。翌年、同選手がアジアカップで大活躍し、人気者になった後で、交際していた過去を自らのツイッターで明らかにしたんです。それがあまりにも唐突でいかにも売名行為に感じた人が多くて、糾弾メールが殺到した」(芸能リポーター)

 ICONIQは在日韓国人で、韓国でアイドルデビューし、売れなくなると日本に戻り、日本名で女優をしたりと素早い変わり身を続けて日韓芸能界を生き延びてきた。韓国時代に「日本人と思われたくない。わたしは愛国者」「日本の男とは絶対に付き合いたくない」など反日発言を繰り返したのが、今になってほじくり返されている。中傷コメントの根っこには、反日を掲げながらGACKTと付き合うのはけしからん、というのがあるのだろう。

「要は女の嫉妬ですよ。GACKTのツイッターを読めばわかりますが、親密さを競い合うような女性が鈴なりで、GACKTもそれをあおりながらリツイートを繰り返しているようなありさま。彼女たちが送り付けているとは言いませんが、2人が恋人関係を公式に認め合った後、激しさを増したというし、別れない限りとことんやられるでしょうね」(前出・芸能リポーター)

 フェイスブックを閉鎖して正解だったのでは!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手