スポーツ

新庄剛志 バリ島で悠々自適のフリーダム生活

20131219e

 日米を股にかけ、現役時代からとにかくド派手な男だった。06年に引退して以来、姿を見ることも徐々に減っていたが、なんと、あの新庄剛志(41)は変わらないばかりかパワーアップしていたようなのだ。

 やはり、スターは違う。

 07年に離婚した新庄だが、10年からは1人でバリ島に移り住んでいたのである。

「もちろん自宅はプール付きの大豪邸です。本人いわく、趣味で始めたエアブラシアートの師匠がいるのがバリ島だそうで、現地では絵を描いたり、やはり趣味が高じたモトクロスに熱中しすぎて、総工費2000万円でコースまで造ってしまった」(広告代理店関係者)

 さすが、日本人で初めてメジャーで4番を打った男のスケールは違う。

「モトクロスにはプロレーサーを目指すほどのめり込んでいるといいます。新庄は、一度没頭すると中途半端なのを嫌がる性格ですからね。現役時代もトレーニングにはストイックだった。日本ハムの同僚が『あんなチャラチャラしてるのに、腹筋とか割れてるし、ずっと居残ってトレーニングしてるんですよ。そういう姿をファンには見せない』と驚いていました。モトクロスもかなり激しくやっていると聞きます」(球界関係者)

 一方で気になるのが、現在の新庄は遊んでいるようにしか見えないということだ。

 11月23、30日と2週にわたり、新庄は「炎の体育会TVSP」(TBS系)で久々に日本のファンに健在ぶりをアピールした。

 司会の今田耕司が、

「今、収入は? 何をしてるの?」

 と疑問をぶつけると、

「フリーダム! 好きなことしてます!」

 と言い切ったのである。

「引退直後から新庄は、『働かなくても大丈夫』と豪語していたんですが、それは現役時代に貯め込んだ財力がものを言っているんです。年俸はピークの日本ハム時代でも3億円でしたが、メジャー入りした01年以降、CM料金は1本1億円だったといいます」(前出・球界関係者)

 それ以前もすごかったが、確かにメジャーリーガーとなって以降、新庄人気は爆発した。CMもビール各社や食品メーカー、化粧品会社など、引く手あまた。計算したらその額は‥‥。

「01~06年までの6年間で約60億円稼いだと言われている。テレビ出演料は1本1000万円で、『クイズ$ミリオネア』(フジテレビ系)で新庄が全問正解して1000万円獲得した際には、実は事前に答えを教えてギャラ代わりにしたのではないかという話も流れたほどです」(前出・球界関係者)

 しかし、いつまでも現役時代の貯金で食えるものか。

「一説には、優秀なブレーンがいて“新庄マネー”の投資に成功したという話です。一時は100億円までいったなんて噂もある」(前出・広告代理店関係者)

 一昨年にはDeNAの初代監督就任説も流れたが、この勢いで再び球界に戻ってもらいたいが‥‥。

「引退直後には、日本ハムから『あんな発想力がある人間はもったいない』との声が上がり、プロデューサーなどの形で残すことも考えられていた。同じような意見は盟主・巨人の内部からも聞かれたほどです。ところが、肝心の新庄は『球界には携わりたくない』とかたくなに固辞していましたからね」(スポーツライター)

 いつ気が変わるかわからないのも新庄の魅力である。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
フジ渡邊渚、「Gカップを机の上に乗せた」ド迫力映像にファン悶絶!
3
浜辺美波、「バスト突起」騒動にフォロワーは「歓喜」より「心配」のワケ
4
阿部華也子、初ドラマの“女教師役”で注目は「Dバスト」より「桃型ヒップ」!?
5
深田恭子⇒比嘉愛未だけじゃない!「歴史的ピンチヒッター女優」驚愕の顔ぶれ