スポーツ

「平成の三四郎」の存在がデカかった!小川直也が人生の「大転換期」を動画告白

 元プロレスラーで総合格闘家の小川直也氏と言えば、柔道家としては、1992年バルセロナオリンピック、柔道男子95キロ超級に出場して銀メダルを獲得。身長193センチと体躯にも恵まれ、格闘技の申し子のような人物だ。

 その小川氏が、スポーツバラエティ番組「こやぶるSPORTS超」(関西テレビ)の、YouTubeチャンネル〈【こやぶるSPORTS超】チャンネル カンテレ公式〉に出演。高校入学まで柔道未経験だったという小川氏が、柔道を始めるきっかけとなったある意外な理由について語った。

 同チャンネルの8月26日付け投稿回〈暴走王・小川直也が初激白!「1.4事変」の真実&「人生を変えた銀メダル」と悲願の金メダルを託した子供たちの熱き想いとは-〉で、小川氏いわく、高校受験時の面接官が、偶然にも柔道部の顧問だったそうで、その場で「柔道やってみないか?」と誘われたのだとか…。

 柔道などまったくやる気はなかったそうだが、不合格になるのを懸念し、「『柔道もいいですね』って適当に言っちゃったんですよ」と小川氏。合格後には、その顧問の先生が、わざわざ小川氏の家を訪れ、2時間余りも柔道部への勧誘を続け、“柔道もいいかな”と小川氏は心変わり、「そこがターニングポイントだったのかな」と振り返ったのだった。

 さらには、「同世代に古賀がいたのがデカかったですね!」と小川氏。小柄ながら、大きな相手をバンバン投げ倒す、「平成の三四郎」こと、古賀稔彦氏(今年3月24日にガンのため自宅で死去)の存在により、「何だ、この競技!?」と柔道にのめり込む原因になったことも加えた。

 1990年の「全日本柔道選手権」決勝では、50キロ以上の体重差をものともせず、小川氏に果敢に挑んだ古賀氏の姿が目に浮かぶ。古賀氏の存在無くして、柔道家・小川氏は生まれなかったかもしれない…そんな興味深い話が拝聴できた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
2
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
3
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」